郷土芸能まつり'13

まずは、昨日の昼公演を阿部さんがyoutubeにUPして下さいました!
(昼公演の事を知らずにいらしたので二番庭は間に合わず…)
早いっ!!そしていつもありがとうございます<(_ _)>
※昨日の記事に貼り付けてますので、そちらをどうぞ。

そして昨日「胆沢郷土芸能まつり」にお越し下さったみなさん、
改めてありがとうございました!



全身筋肉痛…仕事中に「(>ω☆)イテェ」と声が出るほど。
昨日の余韻が心にも体にも残っている一日でした。
郷土芸能まつり、昼時間に三演目の屋外公演。

<演目>
回向、刀剣舞→狂い…リーダー、Mちゃん
八人怒物のくずし→Y君


出番まで二時間、体力は回復する!と思ってました…
昼の膳舞のうさぎ跳びが効いたのか…
引き念仏の第1歩で腿がピキッとなり…(☆△≦;)ヤバい!!
足をかばってしまったのか、昨日は女の足になってました。。。


「今日は回向するの?」「さあ?」
よく分からず早めに面を着けてスタンバイ。
あ、ゴヒャラグだ、回向ナシ?←入り込みの体勢。
ん?回向始まったf^_^;
とまぁ、毎度毎度 打合せというかツメが甘い。
Mちゃんは本番の刀剣舞にY君が出て来て驚いたとか。
Y君は怒物だけだと思ってたらしいf^_^;

勘違いくらいは目に見えないので構わないのですが、
ビデオをチェックしてビックリ('◇'*)エェッ!?
入り込みと狂い前の赤面の退場が左右非対称。
これは完全な打合せ不足。

課題や反省点は沢山あります。
個々に分かっている事と思いますので書きません。
が、悪かったとこをひとつだけ。

笹村さんが抜けた時の笛は「リーダー不在」のため路頭に迷ってます。
練習で同じ間違いを繰り返していたところが本番でも…

でも!!
回向は良かったです。
頑張ったな~と思いましたd(・∀・)
Nさんはデビューかな?
金曜日に渡したDVDを早速チェックされたみたいで
熱心さに頭が下がります。

「あ~大きい」舞台袖で思わず笑ってしまいました。
Y君の怒物のステージの使い方が大き過ぎ。
大きいのはイイ事なのですが、刀剣舞を跳ねて狂いの間だけの休憩。
みんな「倒れはしないか」とハラハラなんですよ。

しかも最後の納めは通常よりも所作が多い。
よく乗りきったし、練習ではイマイチだったスリラーが
ちゃんと「かっしゃ振り」もできてて良かったです。



南下幅は郷土芸能まつりで毎回新しい演目に取り組んできました。
今回の八人怒物のくずしは40年ぶりに披露する演目だったとか。

来月でリーダー、Mちゃん、あんや、私は4年目、
Y君、親ガメさんは3年目を迎えます。
昼公演での急な演目の追加に対応できるようになったり
人の立ち位置や動き方を見ながら跳ねれるようになったり
成長を感じる事ができた公演でした。


昨日のプログラムに載っていたイラスト↓



これは南下幅が道太鼓を囃しながら歩いてるとこです。
多分、遷座式の時の様子かな?


スポンサーサイト

テーマ : 伝統芸能
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様でした。

お互い反省点が多々あるようで...

私も今日は太ももがピクピクしてました(^◇^;)
完全なる運動不足!!!!!!!
基礎体力作りから始めますT^T

昼公演と本公演、お疲れ様でした。

すみませぬ・・・

はちさんこんばんは!

昨日はお疲れ様でした(^^/

実は私・・・昨日・・・行けなかったんです・・・

土曜の夜からなんか体がだるかったのですが・・・

昨日の朝から高熱が出て少し前にやっと回復です!

昨年からずっと待ち侘びていた「”生”南下幅」だけに残念でなりません・・・(;;)

次回はいつ観られる事になるのかわかりませんが・・・楽しみにしています!

Re: お疲れ様でした。

> 都鳥のトシさん

今日は練習日で、メンバーから反省点や課題が出されました。

で、筋肉痛はピークです。
腿だけでなく、腰・背中まで(/ _ ; )
手すりナシでは階段の昇降は無理、しかも声を出して気合を入れないと
立ったり座ったり出来ません(^_^;)
本番は無意識に力が入るのでしょうか?

これから暑くなりますし、バテナイように体力作り!!
やらなきゃな〜。。。

Re: すみませぬ・・・

>胴長おじさん


> 土曜の夜からなんか体がだるかったのですが・・・
> 昨日の朝から高熱が出て少し前にやっと回復です!

それは良かったです!ん?違うか…
胴長おじさんが無反応でしたので、ナマで見てガッカリされたかな?
と思ってましたが、体調不良でしたか。
剣舞は逃げないので大丈夫ですよ!
今年の風邪は長引くみたいなので大事にして下さい!

「あの人かな?」と思う人に声をかけなくて良かったですf^_^;)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
スケジュール表
**出演予定**
★11月12日(日)13:00
「なつたふれあいまつり」

**未定の予定**
※未定だからって気を抜いちゃダメ!会員は心の準備をお願いします。

**練習日程**
月曜日 19~21時
【南都田地区センター】

公演依頼はメールフォームで!
会員随時募集中!!
カテゴリ
最新記事
最新コメント
QRコード
QRコード
プロフィール

はち

Author:はち
南下幅念仏剣舞保存会会員
跳人 8年生

登場人物
先生=第33代庭元
[囃子方]
笹村さん、館長、おかあさん、Nさん
[跳人]
リーダー(第34代庭元)、あんや(跳人最年長)、Mちゃん、親ガメさん、子ガメちゃん(休業中)、greenちゃん、Kさん、Tさん
[胴取り]
リーダー長女&次女
[子ども剣舞]
Kちゃん、Yちゃん、RSちゃん、RNちゃん、MちゃんNNちゃん
南下幅念仏剣舞由来
南下幅念仏剣舞は「巻物圓鏡第一巻」の伝えによると大同3年(西暦808年)出羽国羽黒山峰中で、権大僧都善行院の法印が荒沢鬼渡大明神の御堂に籠り念仏勧行をしている時、ある夜忽然と二人の老翁が現れて「衆生済度の捷径(近道)は舞踊の面白さを知らしめた上に導くに如かず」と諭された。 それに対し彼の法印が「然らば教えて候らえ」と申し上げたところ、一人は座して歌い囃し、一人は立ちて舞い始めた。伝授し終わると二人の姿は虚空に消えて見えなくなった。 ・・・とあり、この踊りこそが念仏剣舞の始まり也。・・・(中略) 寛政3年(西暦1791年)渡辺甚四郎清時から南下幅の卯太郎が伝授されて以来、絶えることなく連綿と昔の原形を踊り引き継がれ伝承されている。
とりら募金
とりら岩手三陸沿岸の民俗芸能応援募金について →詳細はコチラ
とりら9
※クリックすると大きくなります
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: