北上公演1

本日、鬼柳地区芸能フェスティバルで跳ねて来ました。

<本日の演目>
寄せ太鼓、回向、ゴヒャラグ、刀剣舞

頂いたパンフレット…


出演団体を拡大↓


南下幅が見やすくなってました…キンチョー(;´Д`A

めくると↓


写真入りで紹介。
私達の後には鬼柳さんの出演が続く流れ。
その構成に…キンチョー(;´Д`A

早くからお話を頂いていた公演でしたが
郷土芸能まつり後の取り組みとなり、
人も揃わず、結局練習不足のまま挑んだ感じでした。

郷土芸能まつりで8人で跳ねたので、
正式な人数で跳ねることに重点を置き
笹村さんと子ガメちゃんに跳人になってもらってスタート。

胴取りと先生が入れ違いで、会えないまま残り4回の練習。
胴取り特訓の様子を見て…
本番に強い子だから大丈夫だろうと思いつつ、不安。
そしてリーダー長女の体調不良が続いた事と
跳人8人に拘るのか、愛らしい胴取りがイイのか、
自慢の胴取りを見せるのか?
練習前に早く来た人で話し合い、跳人8人を諦め
太鼓を中央に置き前半は胴取りを見せるに変更。
今まで刀剣舞を練習してきた子ガメちゃんを戻す。
これが1週間前。

最後の練習で時間があれば回向を入れたいと先生。
(子ガメちゃんを戻した事で先生の気持ちが変わったか?)
(-ω-;)ウーン
笛も練習してないし、時間的に大丈夫だろうか?
タイムキーパーを申し出たので
「時間が大幅にオーバーです」とウソを言いたい気持ちでしたが(^_^; アハハ…
2度計測し、20分に収まってしまったので、回向決定。

そして当日の胴取りの役割を最終確認。
ハケル時は太鼓を2人で持つ、その後扇子拾いをする。
でしたが、扇子を拾い歩くのはめぐせのでナシに…
人のいない後ろに大きく投げろと先生。
そういう気持ちでやってるけど上手くいかないのです(´・ω・`)
これが2日前

狂いで残る二人が動きやすいように、
はけ方の所作を変えたのが出番直前の控え室f^_^;)

人が揃わない中、ギリギリで変更変更でした。
南下幅らしく、少しでも良いモノを!という
みんなの気持ちの表れだったと思います。

その気持ちが観た方にどう映ったか?
下手でも伝わらなければ意味がないので
どう伝わったか?

つづく
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れさんでした。

いやぁ~今日のさくらホールは、予想してたとはいえ、満席の立ち見ギッチリの大盛況!
他に目ぼしい祭り郷土芸能が無い中でしたので皆集中です。
で、所用で供養は見れないでしまいましたが、午後の部はドップリと見だすちゃ。
南下幅さんの出演も楽しみでした。
ハチさんのブログで奮迅されてたことがわかっていましたので、ステージを見てまた感心しました。
慣れないステージ、構成で大変だったすね!
今日一番輝いてたのはステージ袖からの大っきな声での掛け声だったど思います。バンガバンガと聞こえてきましたから。

Re: お疲れさんでした。

>祭りの追っかけさん

まずは終わってホッとしてますo(^▽^)o
本当、立ち見まで出て沢山のお客さんでした。
胆沢式で、三部でステージに立ったら観客半減だったら…
と、いらぬ心配してましたf^_^;)

気合いの入り方…ではなく、私のキンチョーは半端なかったです。
今、必死でビデオ編集中!これからチェックです。

祭りの追っかけさんはすでに今日の公演をUPされてますね。
早い!!(◎_◎;)


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
スケジュール表
**出演予定**
★11月12日(日)13:00
「なつたふれあいまつり」

**未定の予定**
※未定だからって気を抜いちゃダメ!会員は心の準備をお願いします。

**練習日程**
月曜日 19~21時
【南都田地区センター】

公演依頼はメールフォームで!
会員随時募集中!!
カテゴリ
最新記事
最新コメント
QRコード
QRコード
プロフィール

はち

Author:はち
南下幅念仏剣舞保存会会員
跳人 8年生

登場人物
先生=第33代庭元
[囃子方]
笹村さん、館長、おかあさん、Nさん
[跳人]
リーダー(第34代庭元)、あんや(跳人最年長)、Mちゃん、親ガメさん、子ガメちゃん(休業中)、greenちゃん、Kさん、Tさん
[胴取り]
リーダー長女&次女
[子ども剣舞]
Kちゃん、Yちゃん、RSちゃん、RNちゃん、MちゃんNNちゃん
南下幅念仏剣舞由来
南下幅念仏剣舞は「巻物圓鏡第一巻」の伝えによると大同3年(西暦808年)出羽国羽黒山峰中で、権大僧都善行院の法印が荒沢鬼渡大明神の御堂に籠り念仏勧行をしている時、ある夜忽然と二人の老翁が現れて「衆生済度の捷径(近道)は舞踊の面白さを知らしめた上に導くに如かず」と諭された。 それに対し彼の法印が「然らば教えて候らえ」と申し上げたところ、一人は座して歌い囃し、一人は立ちて舞い始めた。伝授し終わると二人の姿は虚空に消えて見えなくなった。 ・・・とあり、この踊りこそが念仏剣舞の始まり也。・・・(中略) 寛政3年(西暦1791年)渡辺甚四郎清時から南下幅の卯太郎が伝授されて以来、絶えることなく連綿と昔の原形を踊り引き継がれ伝承されている。
とりら募金
とりら岩手三陸沿岸の民俗芸能応援募金について →詳細はコチラ
とりら9
※クリックすると大きくなります
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: