玉磨かざれば

本日、お囃子練習日。

<本日のメニュー>
ゴヒャラグ、刀剣舞

今日は胴取りと狂い中心の練習。
太鼓はリーダー、笹村さん、あんやが交代で。
囃子練習の目的はコレもあったのだo(^▽^)o

胴取りが不安なものの先生が来ないので
教えられる人がいない…
外野がヤーヤー騒ぎリーダー長女が混乱。
←具合悪いのにゴメンね(´・_・`)
風邪で休んでいた子ガメちゃんを呼び出し胴取りの特訓。
狂いの笛も何度か繰り返し。

話し合うことも多く、正味一時間チョイの練習でした(。-_-。)

先週のお囃子練習の時に、
笹村さんが数字譜を作ってきてくれました。
残念ながら公開できませんが、
音符と数字と運指表まで書いてある優れモノ。
実は数字譜に慣れていない私には使いにくい(^_^;)
でも復習や確認用として重宝するし、何より記録として残せます!

今度の公演は笛をやるつもりでいた笹村さんに
跳ねるようにお願いしたのは私…ゴミンφ(u_u*)
刀剣舞は跳ねた事がなく、短期間で所作を覚えるため
本当に必死で頑張っています。
最近のお囃子練習で笛も大勢で吹くとイイナ~と思い始め
無理を言った事を後悔していない訳ではありませんが…

玉磨かざれば光りなし
長年、笛に携ってきた笹村さんにとって
数字譜への切り替えは不要かもしれないし
大変なことなのかもしれません。
陰でどんだけ努力してるんだろ?
と思う、今日この頃なのです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

努力・・・

はちさんこんばんは!

私からすると・・・はちさんは自身で気づいていないだけで人一倍努力していると思いますが・・・?
「剣舞」・・・「舞」だからもちろん踊りこむ(跳ねる?)事も必要だと思いますが、はちさんのように五感を駆使して「剣舞」の「心」を探る事も継承には必要な事なんだな~?って最近特に思うのです。
私はまだまだ「心」を理解できていませんが・・・

話は変わりますが・・・23日は未だ未定です・・・
でも・・・行きたい・・・

Re: 努力・・・

> 胴長おじさん

ありがとうございます。
ウチの団体は努力家が多く、私は全然 お呼びでないのですよw
舞の心と言うより、南下幅の源流探しに
どんどん枝葉がついてる感じです。
この所作は?念仏?繰り返す?ナニナニ?
私が興味あること全てに意味があり心に結びつくのかもしれません。
ただすぐ飽きたり、右から左…が玉にきずですヽ(;▽;)ノ


> 話は変わりますが・・・23日は未だ未定です・・・

冬場の遠出はダイヤが乱れたり危険がともないますので、
夏のみちのく芸能まつりにいらしてはいかがでしょう?o(^▽^)o
鹿踊り、神楽、モチロン鬼剣舞!色々な念仏剣舞も!芸能が満喫できますよ!
ウチはお呼びがかからないので出演できません、多分w

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
スケジュール表
**出演予定**
★11月12日(日)13:00
「なつたふれあいまつり」

**未定の予定**
※未定だからって気を抜いちゃダメ!会員は心の準備をお願いします。

**練習日程**
月曜日 19~21時
【南都田地区センター】

公演依頼はメールフォームで!
会員随時募集中!!
カテゴリ
最新記事
最新コメント
QRコード
QRコード
プロフィール

はち

Author:はち
南下幅念仏剣舞保存会会員
跳人 8年生

登場人物
先生=第33代庭元
[囃子方]
笹村さん、館長、おかあさん、Nさん
[跳人]
リーダー(第34代庭元)、あんや(跳人最年長)、Mちゃん、親ガメさん、子ガメちゃん(休業中)、greenちゃん、Kさん、Tさん
[胴取り]
リーダー長女&次女
[子ども剣舞]
Kちゃん、Yちゃん、RSちゃん、RNちゃん、MちゃんNNちゃん
南下幅念仏剣舞由来
南下幅念仏剣舞は「巻物圓鏡第一巻」の伝えによると大同3年(西暦808年)出羽国羽黒山峰中で、権大僧都善行院の法印が荒沢鬼渡大明神の御堂に籠り念仏勧行をしている時、ある夜忽然と二人の老翁が現れて「衆生済度の捷径(近道)は舞踊の面白さを知らしめた上に導くに如かず」と諭された。 それに対し彼の法印が「然らば教えて候らえ」と申し上げたところ、一人は座して歌い囃し、一人は立ちて舞い始めた。伝授し終わると二人の姿は虚空に消えて見えなくなった。 ・・・とあり、この踊りこそが念仏剣舞の始まり也。・・・(中略) 寛政3年(西暦1791年)渡辺甚四郎清時から南下幅の卯太郎が伝授されて以来、絶えることなく連綿と昔の原形を踊り引き継がれ伝承されている。
とりら募金
とりら岩手三陸沿岸の民俗芸能応援募金について →詳細はコチラ
とりら9
※クリックすると大きくなります
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: