人数

読売新聞で発見↓


↓拡大

鹿踊りは必ず8頭という事ではないんだ~

剣舞だって?ヾ(゚ー゚ヾ)^?。。。ン?
衣川の川西さんは13人。
←今はイカモノ(亡魂)6人、サルコ(仏の化身)、ワカド(女の亡魂)の8人が基本。
朴の木沢さんは13人+サルコ。
13人というのは十三仏からきているらしいです。
朴の木沢さん(大畑平さんもかな?)以外の胆沢は8人踊りが基本。
北上鬼剣舞然り。
※他の県内の剣舞は違ったりするようです。

8にはどういう意味があるんでしょう??

気になる…


古代の日本において8 は聖数とされ、
また、漠然と数が大きいことを示すのにも使われた。
(例:八島、八雲、八咫鏡、八重桜)。
同様に、八を用いた八十、百八十、八百万等も
「数が大きい」という意味で用いられる。
(wikipediaより)

陰陽五行説の八卦?宇宙を表してる……?
「鬼4色の面(方位)の阿吽」で全ての物事を表現してる…?
9は陰陽道の陽の最高数字(8は陰の最高数字)
8人+カッカタで9?!

福島県の踊り念仏の由来に面白いものがありました。


空也念仏踊り
構成員は基本的に9名で、導師1名、職衆8名。
職衆が8名であるのは、空也上人がある時市中で念仏踊りを唱導されていたところ、
布教の助力のために過去七仏(お釈迦様とその前世六代)の姿が影現したという故事に由来し、
そこに弟子定盛を足した数が八であるからです。
また空也上人(導師)と8名の職衆による、計9人による念仏踊りは、
九品の浄土をあらわすともいわれます。


(。・ω・。)へぇ~

あの本に答えがあるだろうか?
図書館に走りました!
念仏剣舞~ 発生・伝播・変容と資料~(小形信夫著)
中身を見て驚愕!!ぇ?ヽ(*@ω@;)ノぇ?
この本、以前にも借りて目を通したつもりでいました…
よく考えたら「貸出禁止資料」で、
欲しいページを2枚くらいコピーしただけで
目次も他のページも見ていなかった…

いや~前から読みたかった上油田大念仏由来記
ココにあったのか~(゚▽゚*)
その他、ページをペラペラめくっただけで、
興奮と感動""o(`▽´)o゛゛ワクワク

もちろん、私が納得する答えもアリ!!
↑これは、ゆっくり本を読んでから!ですね。
|ω・`)ツヅク


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
スケジュール表
**出演予定**
★9月10日(日)午後
「いさわ郷土芸能まつり」
★10月15日(日)午後
「奥州市郷土芸能の祭典」

**未定の予定**
☆8月26日
☆9月8日
※未定だからって気を抜いちゃダメ!会員は心の準備をお願いします。

**練習日程**
月曜日 19~21時
【南都田地区センター】

公演依頼はメールフォームで!
会員随時募集中!!
カテゴリ
最新記事
最新コメント
QRコード
QRコード
プロフィール

はち

Author:はち
南下幅念仏剣舞保存会会員
跳人 8年生

登場人物
先生=第33代庭元
[囃子方]
笹村さん、館長、おかあさん、Nさん
[跳人]
リーダー(第34代庭元)、あんや(跳人最年長)、Mちゃん、親ガメさん、子ガメちゃん(休業中)、greenちゃん、Kさん、Tさん
[胴取り]
リーダー長女&次女
[子ども剣舞]
Kちゃん、Yちゃん、RSちゃん、RNちゃん、MちゃんNNちゃん
南下幅念仏剣舞由来
南下幅念仏剣舞は「巻物圓鏡第一巻」の伝えによると大同3年(西暦808年)出羽国羽黒山峰中で、権大僧都善行院の法印が荒沢鬼渡大明神の御堂に籠り念仏勧行をしている時、ある夜忽然と二人の老翁が現れて「衆生済度の捷径(近道)は舞踊の面白さを知らしめた上に導くに如かず」と諭された。 それに対し彼の法印が「然らば教えて候らえ」と申し上げたところ、一人は座して歌い囃し、一人は立ちて舞い始めた。伝授し終わると二人の姿は虚空に消えて見えなくなった。 ・・・とあり、この踊りこそが念仏剣舞の始まり也。・・・(中略) 寛政3年(西暦1791年)渡辺甚四郎清時から南下幅の卯太郎が伝授されて以来、絶えることなく連綿と昔の原形を踊り引き継がれ伝承されている。
とりら募金
とりら岩手三陸沿岸の民俗芸能応援募金について →詳細はコチラ
とりら9
※クリックすると大きくなります
おススメ(o^-')b グッ!
郷土芸能の祭典2017
※クリックすると大きくなります
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: