盆供養~滑田さん~

お盆休みは一日おきに北上へ。
一昨日は作法?が気になり、滑田さんの盆供養へ。

中通公民館?
googleの地図を頼りに…辿り着けず_| ̄|○
(地図に表示されたのは3地割、公民館は13地割でした)
諦めて帰ろうと、来た道じゃないトコを走ってたら奇跡!!
発見です!笛と太鼓の音がo(^▽^)o
寄せ太鼓?!ギリギリ15時に間に合いました。
ん?
この囃子は…神楽拍子…狐であって欲しい…
到着。やっぱり…三人加護でした。
そして終了ヽ(;▽;)ノ
はい…時間を間違えました。。。

立派な供養碑があったので、
せめて写真を!と、遠くからパチリ☆


供物なども見たかったのですが、
片付け始めたので断念。
提灯とスイカが見えた気がしました。

踊り組って地区単位なのか行政区(部落)単位なのか、
謎でしたが行政区でした。かなり狭い範囲。
みんなが顔見知りみたいな
和気あいあいの雰囲気でした。
多分、昔跳ねてた人が見にきたり、
お盆に鬼剣舞を見るって当たり前なんだろうな~
ほんのわずかな時間でしたが、
そんな空気に触れた盆供養でした。

写真が上手く撮れなかったので、本日撮り直しに。
あ~~、公民館に人がいる(´・_・`)
近所の人が見たら怪しい若者(?)が
ウロついてると思うかな?←自意識過剰…
公民館脇を2往復し、勇気を出して撮りました(>_<)


スポンサーサイト

テーマ : 伝統芸能
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

間違いの元

例年ですと15時開始なのですが今年はイベントを絡めたため
開始時間を早めたようです。
ギリギリに到着させてしまってすみませんでしたm(__)m
神楽拍子、、、地元や神社奉納だからこそ狐だといいですよね。
勇気を持っての撮影お疲れ様でした。

Re: 間違いの元

> 北上の鬼剣舞さん

以前、お墓で剣舞を跳ねる古い動画を見ましたが
今は公民館での盆供養だけなんでしょうか?
近所の人が集まった雰囲気が日頃の練習な成果、
感謝の気持ちを舞で披露する、そんな意味もあるのかな?と
勝手に思いましたが盆供養だから狐はナシなんでしょうかf^_^;)


> 勇気を持っての撮影お疲れ様でした。

滑り台で遊んでた親子がいましたが、
何か感じたらしく、少しずつ離れていなくなりました(´・_・`)
おかげで、供養碑をジロジロ見る事ができましたが
建立日は読めませんでした…

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
スケジュール表
**出演予定**
★9月10日(日)午後
「いさわ郷土芸能まつり」
★10月15日(日)午後
「奥州市郷土芸能の祭典」

**未定の予定**
☆8月26日
☆9月8日
※未定だからって気を抜いちゃダメ!会員は心の準備をお願いします。

**練習日程**
月曜日 19~21時
【南都田地区センター】

公演依頼はメールフォームで!
会員随時募集中!!
カテゴリ
最新記事
最新コメント
QRコード
QRコード
プロフィール

はち

Author:はち
南下幅念仏剣舞保存会会員
跳人 8年生

登場人物
先生=第33代庭元
[囃子方]
笹村さん、館長、おかあさん、Nさん
[跳人]
リーダー(第34代庭元)、あんや(跳人最年長)、Mちゃん、親ガメさん、子ガメちゃん(休業中)、greenちゃん、Kさん、Tさん
[胴取り]
リーダー長女&次女
[子ども剣舞]
Kちゃん、Yちゃん、RSちゃん、RNちゃん、MちゃんNNちゃん
南下幅念仏剣舞由来
南下幅念仏剣舞は「巻物圓鏡第一巻」の伝えによると大同3年(西暦808年)出羽国羽黒山峰中で、権大僧都善行院の法印が荒沢鬼渡大明神の御堂に籠り念仏勧行をしている時、ある夜忽然と二人の老翁が現れて「衆生済度の捷径(近道)は舞踊の面白さを知らしめた上に導くに如かず」と諭された。 それに対し彼の法印が「然らば教えて候らえ」と申し上げたところ、一人は座して歌い囃し、一人は立ちて舞い始めた。伝授し終わると二人の姿は虚空に消えて見えなくなった。 ・・・とあり、この踊りこそが念仏剣舞の始まり也。・・・(中略) 寛政3年(西暦1791年)渡辺甚四郎清時から南下幅の卯太郎が伝授されて以来、絶えることなく連綿と昔の原形を踊り引き継がれ伝承されている。
とりら募金
とりら岩手三陸沿岸の民俗芸能応援募金について →詳細はコチラ
とりら9
※クリックすると大きくなります
おススメ(o^-')b グッ!
郷土芸能の祭典2017
※クリックすると大きくなります
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: