FC2ブログ

奥州市郷土芸能の祭典2017

昨日(10/15)は奥州市郷土芸能の祭典に出演しました。

<演目>
寄せ太鼓、念仏、ゴヒャラグ、刀剣舞、納め太鼓
青…子亀ちゃん、白…Mちゃん

先生の太鼓&子亀ちゃんの出演、NNちゃんの胴取りが急遽決定しました。
子亀ちゃんは本来なら昨年の秋に休業のはずだったのですが
何度も人手不足のピンチを救ってもらいました!!
☆★:;+。゚*ヾ(感'∀'謝)ノ゙*゚。+:;★☆

先生は久々の太鼓。
控室でNNちゃんの胴取りをチェックしながら、息を切らしてました💦
唄いながら叩くのは若者でも大変……
「久しぶりに叩くから間違うかもしれない。
腕や肩がしびれて、力強さに欠けるかもしれない」

そんなことをおっしゃってましたが、楽しそうで、太鼓は相変わらずで素敵でした(´ω`人)

「手甲の紐、ぜんじめ、わらじ、ほどけるとみっともないからちゃんとしろ」
出番前の控室で喝!やっぱり先生は先生なのでした(笑)

2017郷土芸能の祭典 (2)

本番ではステージがつるつるで踏ん張れず、腰が落とせなかった…○| ̄|_
江刺のお客さんは、観るのが上手で、何度か拍手をいただきました。
(胴取りがはけた時、狂いで刀を置いた時、だったかな?)
そして、最後に全員が並んで挨拶をした時は、1番大きな拍手と
「いいぞ!!」 掛け声まで!

気持ち良いステージでした(o‘∀‘o)*:◦♪

郷土芸能の祭典2017

ステージ袖でNNちゃんが地元新聞社のインタビューを受けました。
(本日の一面にカラー掲載された!)
緊張したけど、上手くできたので良かった。
太鼓の響きが好きなので、これからも頑張りたい
 だって♬


伊藤流行山鹿踊りさんから飲み物の差し入れをいただきました!
急遽の演目変更で三人狂いを披露されました。
軽やかな動きが印象的。
20171015鹿踊り




出演後、粟野善知翁を偲ぶ収穫祭のため着替えずに移動。
演舞終了後、コメの品種当てクイズなど地域の皆さんと一緒に楽しみました!!

20171015収穫祭 (1)
20171015収穫祭 (2)

スポンサーサイト

テーマ : 伝統芸能
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様でした!

はちさんお疲れ様でした!

「狂い」の時に白面さんが足を滑らせていたようなので、滑るんだろうな〜?って思いながら観てました!

前庭元の太鼓は、相変わらず力強くて良いですね〜?

注目のNNちゃん!小柄なのに、胴取の所作はメリハリの効いた良い所作でしたよ!

途中・・・少しだけ飛んだかな???

はちさんにお会いできなくて残念でしたが、行った甲斐があったというもの!

またお邪魔しますね〜(^^)/

Re: お疲れ様でした!

> 東京のファンさん

わざわざお運びいただき、ありがとうございました( ^ω^ )

地元での公演のためすぐに移動しなければならず、ご挨拶もせず失礼しました💦


> 前庭元の太鼓は、相変わらず力強くて良いですね〜?

前庭元はなんだかんだと言い訳をしていましたが、
力強く安定していて、やはりすごいなぁと(((uдu*)ゥンゥン
先日の公演を観た方はラッキーだったと思います。

出演順のせいもありますが、翌日の地元紙に一面で掲載されて
PRにもなったし、刺激にもなりました。
ますます頑張ります(ง •̀_•́)ง‼

東京は今日は半端ない寒さみたいですね。
(岩手より寒い⁈)
ご自愛下さい。

次の機会にはちゃんとご挨拶しますね!
今後ともよろしくお願いします(๑•̀ㅁ•́ฅ✧
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
スケジュール表
**出演予定**
10月27日(土)10:30
胆沢中学校(文化祭)

10月27日(土)13:00
デイサービスあおぞら(秋祭り)

11月11日(日)
なつたふれあいまつり


**未定の予定**
1月11日(金)
1月13日(日)
3月10日(日)胆沢郷土芸能まつり

※未定だからって気を抜いちゃダメ!会員は心の準備をお願いします。

**練習日程**
月曜日 19~21時
【南都田地区センター】

公演依頼はメールフォームで!
会員随時募集中!!
カテゴリ
最新記事
最新コメント
QRコード
QRコード
プロフィール

はち

Author:はち
南下幅念仏剣舞保存会会員
跳人 9年生

登場人物
先生=第33代庭元
[囃子方]
笹村さん、館長、おかあさん、Nさん
[跳人]
リーダー(第34代庭元)、あんや(跳人最年長)、Mちゃん、親ガメさん、子ガメちゃん(休業中)、greenちゃん、Kさん、Tさん
[胴取り]
リーダー長女&次女
[子ども剣舞]
Kちゃん、Yちゃん、RSちゃん、RNちゃん、MちゃんNNちゃん
南下幅念仏剣舞由来
南下幅念仏剣舞は「巻物圓鏡第一巻」の伝えによると大同3年(西暦808年)出羽国羽黒山峰中で、権大僧都善行院の法印が荒沢鬼渡大明神の御堂に籠り念仏勧行をしている時、ある夜忽然と二人の老翁が現れて「衆生済度の捷径(近道)は舞踊の面白さを知らしめた上に導くに如かず」と諭された。 それに対し彼の法印が「然らば教えて候らえ」と申し上げたところ、一人は座して歌い囃し、一人は立ちて舞い始めた。伝授し終わると二人の姿は虚空に消えて見えなくなった。 ・・・とあり、この踊りこそが念仏剣舞の始まり也。・・・(中略) 寛政3年(西暦1791年)渡辺甚四郎清時から南下幅の卯太郎が伝授されて以来、絶えることなく連綿と昔の原形を踊り引き継がれ伝承されている。
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: