万葉祭2015

昨日はくりはら万葉祭で跳ねてきました。

何度来ても雰囲気がイイです。
万葉祭敷地内

記録係がいないので跳ねている写真はありませんm(__)m
くりはら万葉祭の係りの方がUPして下さるのを待ちたいと思います。


万葉祭2015プログラム

万葉祭2015団体紹介

<演 目>
念仏回向、八人怒物(青…M、白…親ガメ)


コラボの打合せやリハに間に合うように到着。
代表者打合せが終わるのを寒空で待つこと50分。
タイムオーバーでリハは入場の位置確認のみで終了・・・
不安が募る ○| ̄|_
コラボ以上に自分達の出番も心配で控室に入る前に、駐車場で最後の練習。
掛け声のタイミングの確認←やって良かった(^∇^)

いざ跳ねる場所を確認すると、思ったより狭く
井桁のファイヤー予定地が危険でやばい。
中央からズレルとか円ではなく楕円にするとか喧々諤々打合せ。
急遽、正面の設定と終わり方を変更しました。
こういうことに対応できるようになったのが嬉しいですv(o゚∀゚o)v


いざ本番!
地面がぬるぬる。。。怖い。
面がズレた?見えない。。。不安。
後で確認したら思った以上の暗さと煙(?)で
みんなも見えにくかったそうです。

最初の金剛杖を抜くシーン。
絶妙なタイミングでお囃子から掛け声が!!
ん?ちょっと早いけど所作の切り替わり?
周りを見ると違うΣ(゚д゚|||)
パニックになりながらモタモタと切り抜けました。
たまたま勢いづいた囃子が急に声をかけたみたい(汗)
切り抜けられなかったリーダーは一人違うことをやったらしい( ノД`)
刀をまたぐ所作は、ほとんど下が見えておらず
躓いて転ぶかと思いました(´・_・`)

刀のかい潜りは何度も中央から輪がズレて修正の繰り返し。
それでも暖かい拍手を沢山いただきました。
ありがたいです。

だいぶ課題が見えたので、練習を積んでもっと良い状態でお見せしたい!!

今年は例年よりアーティスティックな人が多いな~と思っていたら
白崎映美&東北6県ろーるショー)のみなさんでした(o‘∀‘o)*:◦♪

自分達の出番の後、西馬音内さん、鹿踊りさん、6県ろーるさんとコラボ。
自由に動いて下さいとのことでしたが
一応みんなで合わせる練習していた…けど、
訳がわからぬうちに終了(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)
鹿さん達は会場を大きく使って素敵に動いてました♪
西馬音内さんも整列して美しく動いてました♪
私達は…臨機応変さに欠けるな(。´・(ェ)・)

あまりカチカチに考えすぎて臨んだけど
多分、ゆる~りと適当で良かったんだと思います(笑)
思った以上に楽しいコラボでした❤
このコラボも誰かが動画でUPしてくれたらいいな~




おまけ

万葉祭神楽奉納
開会前に裏山の祠(?)で神楽が奉納されました。

万葉祭ほんにょ
奥州市とはちょっと違う。
ホンニョワークショップは大人気でした。

万葉祭ねこ
看板猫。
悠々自適でみんなに触らせてました♪

スポンサーサイト

テーマ : 伝統芸能
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
スケジュール表
**出演予定**
★9月10日(日)午後
「いさわ郷土芸能まつり」
★10月15日(日)午後
「奥州市郷土芸能の祭典」

**未定の予定**
☆8月26日
☆9月8日
※未定だからって気を抜いちゃダメ!会員は心の準備をお願いします。

**練習日程**
月曜日 19~21時
【南都田地区センター】

公演依頼はメールフォームで!
会員随時募集中!!
カテゴリ
最新記事
最新コメント
QRコード
QRコード
プロフィール

はち

Author:はち
南下幅念仏剣舞保存会会員
跳人 8年生

登場人物
先生=第33代庭元
[囃子方]
笹村さん、館長、おかあさん、Nさん
[跳人]
リーダー(第34代庭元)、あんや(跳人最年長)、Mちゃん、親ガメさん、子ガメちゃん(休業中)、greenちゃん、Kさん、Tさん
[胴取り]
リーダー長女&次女
[子ども剣舞]
Kちゃん、Yちゃん、RSちゃん、RNちゃん、MちゃんNNちゃん
南下幅念仏剣舞由来
南下幅念仏剣舞は「巻物圓鏡第一巻」の伝えによると大同3年(西暦808年)出羽国羽黒山峰中で、権大僧都善行院の法印が荒沢鬼渡大明神の御堂に籠り念仏勧行をしている時、ある夜忽然と二人の老翁が現れて「衆生済度の捷径(近道)は舞踊の面白さを知らしめた上に導くに如かず」と諭された。 それに対し彼の法印が「然らば教えて候らえ」と申し上げたところ、一人は座して歌い囃し、一人は立ちて舞い始めた。伝授し終わると二人の姿は虚空に消えて見えなくなった。 ・・・とあり、この踊りこそが念仏剣舞の始まり也。・・・(中略) 寛政3年(西暦1791年)渡辺甚四郎清時から南下幅の卯太郎が伝授されて以来、絶えることなく連綿と昔の原形を踊り引き継がれ伝承されている。
とりら募金
とりら岩手三陸沿岸の民俗芸能応援募金について →詳細はコチラ
とりら9
※クリックすると大きくなります
おススメ(o^-')b グッ!
郷土芸能の祭典2017
※クリックすると大きくなります
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: