初披露

焼石マラソン大会。
今年は震災で犠牲になられた方への
供養と大会の安全祈願として
特別な意味のあるアトラクションだったようです。
(毎年アトラクションがある訳ではない)

被災地から参加された方も
多数いらっしゃったそうで、
思いを込めて跳ねさせていただきました。

<本日の演目>
道太鼓(入場)
一番庭 狂いナシver.
納め太鼓

南下幅では狂いまで通して一演目。
そして前列の青面と白面の二人で中央に寄り納めます。
今日のように狂いナシは珍しい上に、
全員で定位置で納め舞←北上っぽい。
初めてのパターンなので、昨夜は繰り返し練習。
全員で納めるパターンはあっても
定位置というのは先生にとっても
初めてみたいで、なかなか披露する
機会のない特別な舞となりました。

練習時と囃子の配置が違うのに、
いつも通り胴取りがセンヤの輪に入り
次の演奏に間に合わないハプニング…
打合せ不足(-。-;

面に気を取られ、舞が止まってしまいました、私…_| ̄|○

今回も課題、反省が残りましたが、
毎週続く出演に活かしたいと思います。


出番終了後は◯◯さんを応援する会。
共通の知り合いである鹿を誘い、
コープ一関で鬼柳鬼剣舞さんの公演鑑賞(^-^)

<演目>
二番庭、膳舞、三番庭狂い、
刀剣舞狂い・八人加護mix


三番庭狂い

鬼柳さんは何度か観てますが、
膳舞だけの余興は初めてだった気が。
(宙返りmixは何度か観ました)

め組は男性のような力強さはないが、
20年位続けて今のように踊れるようになった。と解説がありました。
確かにトリの刀狂い八人mixに比べると
迫力不足である事は否めませんが、
20年間、体力を持続し踊り続ける姿勢に感服。

今日は控え場所がステージ裏で囃子に合わせ体を動かす人、
(多分)位置確認など打合せする姿が見え
真剣さが伝わってきました。

北上以外の場所で鬼剣舞を観たのは初めて。
来場している方の多くが初鬼剣舞の
ようでしたが、途中で席を立つ人も
おらず、最後は拍手喝采o(^▽^)o
みなさんが楽しんだ!ってわかりました。
こうありたいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

早朝からの演舞、ご苦労さまです。

 早朝からの演舞、ご苦労さまでした!!!
普段ではまずない・・・・時間からの演舞。
御苦労さまでした。

 うちのおかん(^・^;)も役員で本日、大会に行き
南下幅さんの演舞を観てたそうでウチに帰ってきて
『 白面うまかった!! 』って言ってました。


 今日、宿題を出されました・・・・(^・^;)
秋季限定、しかも今だけのものがありまして・・・・。
まだまだやらなきゃならないものがいっぱいありますね・・・・。

早朝から

>行山流都鳥鹿踊保存会さん

8時から跳ねるなんて珍しいですよね。
お母様が褒めてくださった?!
「白面 ほーほほい」ではなかったですか?笑
帰宅後、本部席で見ていた庭元の思いや、
あそこはもっと。。。など考えるとキリがありません(^_^;)
残念ながら終わった事なので、
活かして切り替えて頑張ります!

秋季限定の宿題とは気になりますね。
というか…
岩手の秋なんてあっという間じゃないですかΣ(゚д゚lll)
内容は分かりませんが、都鳥さんなら
クリア出来そうな気がしますd(^_^o)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
スケジュール表
**出演予定**
★11月12日(日)13:00
「なつたふれあいまつり」

**未定の予定**
※未定だからって気を抜いちゃダメ!会員は心の準備をお願いします。

**練習日程**
月曜日 19~21時
【南都田地区センター】

公演依頼はメールフォームで!
会員随時募集中!!
カテゴリ
最新記事
最新コメント
QRコード
QRコード
プロフィール

はち

Author:はち
南下幅念仏剣舞保存会会員
跳人 8年生

登場人物
先生=第33代庭元
[囃子方]
笹村さん、館長、おかあさん、Nさん
[跳人]
リーダー(第34代庭元)、あんや(跳人最年長)、Mちゃん、親ガメさん、子ガメちゃん(休業中)、greenちゃん、Kさん、Tさん
[胴取り]
リーダー長女&次女
[子ども剣舞]
Kちゃん、Yちゃん、RSちゃん、RNちゃん、MちゃんNNちゃん
南下幅念仏剣舞由来
南下幅念仏剣舞は「巻物圓鏡第一巻」の伝えによると大同3年(西暦808年)出羽国羽黒山峰中で、権大僧都善行院の法印が荒沢鬼渡大明神の御堂に籠り念仏勧行をしている時、ある夜忽然と二人の老翁が現れて「衆生済度の捷径(近道)は舞踊の面白さを知らしめた上に導くに如かず」と諭された。 それに対し彼の法印が「然らば教えて候らえ」と申し上げたところ、一人は座して歌い囃し、一人は立ちて舞い始めた。伝授し終わると二人の姿は虚空に消えて見えなくなった。 ・・・とあり、この踊りこそが念仏剣舞の始まり也。・・・(中略) 寛政3年(西暦1791年)渡辺甚四郎清時から南下幅の卯太郎が伝授されて以来、絶えることなく連綿と昔の原形を踊り引き継がれ伝承されている。
とりら募金
とりら岩手三陸沿岸の民俗芸能応援募金について →詳細はコチラ
とりら9
※クリックすると大きくなります
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: