鬼巡り

昨日は鬼剣舞デーになりました!!

お昼は北上の展勝地で岩崎鬼剣舞公演。(12時~)
葉桜の展勝地。
駐車場もスムーズに入ることができ、鬼剣舞会場は人もまばら。
と思ったら…
太鼓の音に誘われたのか、あっという間に人だかりができました。

<演 目>
三番庭、カニむくり、刀剣舞の狂い

三番庭



三番庭は最近練習してないので、観られると嬉しい演目です!
入り込みがカットされたのが残念…観たかった


カニむくり



岩崎さんは「これでもか!!」とクライマックスでグルグル回るので
観客もハラハラわくわく「頑張れ~」と応援、一体感が増す感じがいいです


刀剣舞の狂い





岩崎さんの刀狂いは素手の所作が付き、ウチに近いので好き(≧∇≦)

13時~回向と5団体の群舞があるとのこと。
10分位なら観られるかな?と思いましたが…
20分で鬼の館は危険。
整列したとこで会場をあとにしました




ギリギリに鬼の館に到着。
こちらはまだ桜が咲いていました




相去鬼剣舞公演。
<演目(プログラム)>


踊り手が出てきた後の控え室を見たら人影がない。
ナント!!昨日は踊り手が八人だけ
最初の二番庭に八人出てきた、という事は連続で跳ねる人が複数人


二番庭


刀剣舞の狂い

相去さんの装束や扇子、膳舞の膳など色鮮やかなのですが
白面が白い!w
この日が魂入れの新しいお面だったそうです。

一人加護



久々に行動範囲の広い一人加護を観た気がします。
踊り手八人でしょ~大丈夫かな?と思いましたが気合十分でした!

膳舞&宙返り





強風の膳舞はミスなし!
ここで太鼓さんが代わってました(o_o)
人手不足は大変な事ですが、一人何役もこなせるのは強味!
宙返りはステージから降りての熱演でした。

三番庭の狂い





展勝地で三番庭を観てきたので狂いが観れて良かったです!
若々しい舞もステキでした


気合いの相去さん。
掛け声が大好きで、観ているとわくわくし過ぎて笑顔(≧∇≦)
というか、笑いが止まらないw
自由で経験したことのない掛け声が聞こえると楽しくて仕方ないです(^O^)
元気をもらいました。

相去さんからいただいた名刺、プログラムの団体紹介、
南下幅(南都田)剣舞の文字がo(^_^)o
ルーツを大事に思ってくださっているのが嬉しくありがたい!

鬼剣舞巡り堪能


水沢に戻って子供騎馬武者行列。



その後、笛の会の会長さん&前会長さん宅に「無事お祭りが終わりましたよ~」のご挨拶に。
引き続き笛の会の観桜会!!
午前様の帰宅


ギッチギッチに詰め込んで楽しんだGW後半初日でした(*^^)v


※私の勝手な印象や感想、推測、イメージです。
語彙も少なく、拙い文章のため伝えきれないこともあり
関係者の方に失礼な表現があったり、
気分を害されることがあると思います。
私個人の備忘録(日記)であることをご理解いただくとともに
至らない点はご容赦くださいますようにお願いいたします。


スポンサーサイト

テーマ : 伝統芸能
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
スケジュール表
**出演予定**
★9月10日(日)午後
「いさわ郷土芸能まつり」
★10月15日(日)午後
「奥州市郷土芸能の祭典」

**未定の予定**
☆8月26日
☆9月8日
※未定だからって気を抜いちゃダメ!会員は心の準備をお願いします。

**練習日程**
月曜日 19~21時
【南都田地区センター】

公演依頼はメールフォームで!
会員随時募集中!!
カテゴリ
最新記事
最新コメント
QRコード
QRコード
プロフィール

はち

Author:はち
南下幅念仏剣舞保存会会員
跳人 8年生

登場人物
先生=第33代庭元
[囃子方]
笹村さん、館長、おかあさん、Nさん
[跳人]
リーダー(第34代庭元)、あんや(跳人最年長)、Mちゃん、親ガメさん、子ガメちゃん(休業中)、greenちゃん、Kさん、Tさん
[胴取り]
リーダー長女&次女
[子ども剣舞]
Kちゃん、Yちゃん、RSちゃん、RNちゃん、MちゃんNNちゃん
南下幅念仏剣舞由来
南下幅念仏剣舞は「巻物圓鏡第一巻」の伝えによると大同3年(西暦808年)出羽国羽黒山峰中で、権大僧都善行院の法印が荒沢鬼渡大明神の御堂に籠り念仏勧行をしている時、ある夜忽然と二人の老翁が現れて「衆生済度の捷径(近道)は舞踊の面白さを知らしめた上に導くに如かず」と諭された。 それに対し彼の法印が「然らば教えて候らえ」と申し上げたところ、一人は座して歌い囃し、一人は立ちて舞い始めた。伝授し終わると二人の姿は虚空に消えて見えなくなった。 ・・・とあり、この踊りこそが念仏剣舞の始まり也。・・・(中略) 寛政3年(西暦1791年)渡辺甚四郎清時から南下幅の卯太郎が伝授されて以来、絶えることなく連綿と昔の原形を踊り引き継がれ伝承されている。
とりら募金
とりら岩手三陸沿岸の民俗芸能応援募金について →詳細はコチラ
とりら9
※クリックすると大きくなります
おススメ(o^-')b グッ!
郷土芸能の祭典2017
※クリックすると大きくなります
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: