わくわくモヤモヤ

年が明けるとさぁ祭りが始まるぞ!という気分になります♪

祭り=日高火防祭

旧暦の1月22日(今年は2月21日)には吹き初め、
3月~4月上旬は全体&三曲合同の練習会。
あっという間に祭りだ!!!
ワクワクしますね(*^_^*)


この時期に聞こえてくるのは登乗者不足……
各町組はそうとう頭を痛めているようです。
いつからでしょう?広報紙等に募集広告を載せるようになったのは?


火防募集


自分の住む町以外の屋台に申し込むとか
(町外の人が)登場料や役割分担で屋台を決めるとか
色々な話を耳にします。
どの町がイイか?判断材料がないから仕方ないけどさびしい。

多分、町外の人は乗りたくてもツテがないと乗れなかった時代は
ツテ(知り合い)から色々なしきたりや情報を得たのだと思います。


とりとめのない話に……上手く表現できません。
行政に頼らなきゃ何ともならなくなってるけど、
関わり方、使い方が難しいな~と。


で、毎年感じるのですが…
なぜ大変な話しかしないんだろう??

剣舞も火防祭も地域外から関わっているので私は気軽で身軽です。
だから簡単に思ってしまう。
大変だけど素晴らしい祭りに関われている誇りをもっともっと話せばいいのに。
お金がかかる。。。けど、
「ご祝儀があるから手元から出すお金はそんなにイッパイじゃないよ。」
その話にならないんだろう?


私は小学生の頃、小太鼓で登場しました。

fc2blog_201304271525213ea.jpg

親には金銭的なこと以外にも、練習への送り迎え、当日の付き添い
色々負担を掛けてしまったけど、キラキラした思い出が残っていて
それは私一人のものじゃなく、あの日の家族それぞれの行動が笑い話として
未だに食卓の話題になったりしてます。


関係者が楽しくない祭りは止めた方がイイ、なんて聞いたことがあったな~
毎年祭りのワクワクと一緒にモヤモヤが付きまとうのです。
(´・ω・`)ショボーン


スポンサーサイト

テーマ : 伝統芸能
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

ご無沙汰しました・・・m(__)m

はちさんこんばんは!

先週は仕事以外(私にとっては仕事?)で多忙につき、ご無沙汰してしまいました・・・

先日の疑問は・・・解決したわけではないのですが、新たに気になる部分があり、次から次と・・・

「冬のみちのく芸能まつり」で北上の鬼剣舞さんと会えそうなので、直接聞いてみたいところです(^^ゞ

> 関係者が楽しくない祭りは止めた方がイイ・・・

これは、祭に限ったことではないですね・・・

って、外野的な意見ですね・・・m(__)m

では(^^)/

Re: ご無沙汰しました・・・m(__)m

> 胴長おじさん


> 先日の疑問は・・・解決したわけではないのですが、新たに気になる部分があり、次から次と・・・
> 「冬のみちのく芸能まつり」で北上の鬼剣舞さんと会えそうなので、直接聞いてみたいところです(^^ゞ

多分ですが…簡単に解決しないと思いますよ(爆)
継承の過程で意味なく(教える人のクセとか勘違いとか)変わることもあると思うんですw
南下幅も私達の代で大きく変わった演目がありますが
残された映像を正解とするのではなく、昔(映像や写真の記録がない頃)のやり方に則って継承してるつもりです。
簡単に解決したらつまらないじゃないですかw

北上の鬼剣舞さんに声をかけていただいたのですが
9日は予定が不確定、前日は先約でどうしても北上に行けません(T_T)

>
> > 関係者が楽しくない祭りは止めた方がイイ・・・
> これは、祭に限ったことではないですね・・・

先日、テレビで「仕事と家庭(育児)の両立の大変さ」をインタビューされた人が
大変だけど楽しんでやってますと言ってました。
そうそう、その一言が聞きたかったんですよ(^ ^)


確かに・・・

はちさんこんばんは!

> 簡単に解決したらつまらないじゃないですかw

それはそうなんですが・・・

そこは性格なのか、自分が納得できる説明?理由?が欲しいというか・・・(^^ゞ

ただ・・・解決した先はどうすると問われると困りますが・・・(-_-;)

単なる自己満足なので・・・m(__)m

> 先日、テレビで「仕事と家庭(育児)の両立の大変さ」をインタビューされた人が
> 大変だけど楽しんでやってますと言ってました。
> そうそう、その一言が聞きたかったんですよ(^ ^)

まさしくそうですね!仮に両立ではなくても、仕事だけだって大変なことの方が多いですが、楽しんでできたら大変さも苦にならないというか、達成感が勝るのだと思いますが・・・?

私は、同僚や環境に恵まれていますので、まさに仕事を「楽しんで」います(^^)

そんな状況に感謝です(^^)

では(^^)/

Re: 確かに・・・

> 胴長おじさん


> > 簡単に解決したらつまらないじゃないですかw
>
> そこは性格なのか、自分が納得できる説明?理由?が欲しいというか・・・(^^ゞ
> ただ・・・解決した先はどうすると問われると困りますが・・・(-_-;)
> 単なる自己満足なので・・・m(__)m


すみません…批判した訳じゃないんです。
私も「疑問」に思うと、いつまでもモヤモヤする方なので(汗)
必ずしも正解にたどりつけるとは限りませんが、
私の場合はそこに行くまでの過程や、
間違っているかもしれないけど納得できた時の喜び(?)も楽しいので
簡単に解決できないと燃えるというか(笑)



> 私は、同僚や環境に恵まれていますので、まさに仕事を「楽しんで」います(^^)
> そんな状況に感謝です(^^)

私もすごく恵まれた環境にいます。
家族にも職場にも仲間にも理解され、楽しんでますよ。
こういう環境はなかなかないので(前の職場は違った)、本当に感謝ですね♪

なんか・・・

はちさんこんばんは!

余計な気を遣わせてしまったみたいでかえってスミマセンm(__)m

あれは私の自問自答みたいなもので・・・

例えば「疑問」が解決したとするじゃないですか!

でも、私は研究者でも、直接係っているわけでもないので、単なる自己満足って事に・・・(^^ゞ

そんな感じです(^^ゞ

Re: なんか・・・

> 胴長おじさん


> 余計な気を遣わせてしまったみたいでかえってスミマセンm(__)m

全然気は遣ってないので大丈夫です。
というか、逆に気を遣わせてますね(汗)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
スケジュール表
**出演予定**
★9月10日(日)午後
「いさわ郷土芸能まつり」
★10月15日(日)午後
「奥州市郷土芸能の祭典」

**未定の予定**
☆8月26日
☆9月8日
※未定だからって気を抜いちゃダメ!会員は心の準備をお願いします。

**練習日程**
月曜日 19~21時
【南都田地区センター】

公演依頼はメールフォームで!
会員随時募集中!!
カテゴリ
最新記事
最新コメント
QRコード
QRコード
プロフィール

はち

Author:はち
南下幅念仏剣舞保存会会員
跳人 8年生

登場人物
先生=第33代庭元
[囃子方]
笹村さん、館長、おかあさん、Nさん
[跳人]
リーダー(第34代庭元)、あんや(跳人最年長)、Mちゃん、親ガメさん、子ガメちゃん(休業中)、greenちゃん、Kさん、Tさん
[胴取り]
リーダー長女&次女
[子ども剣舞]
Kちゃん、Yちゃん、RSちゃん、RNちゃん、MちゃんNNちゃん
南下幅念仏剣舞由来
南下幅念仏剣舞は「巻物圓鏡第一巻」の伝えによると大同3年(西暦808年)出羽国羽黒山峰中で、権大僧都善行院の法印が荒沢鬼渡大明神の御堂に籠り念仏勧行をしている時、ある夜忽然と二人の老翁が現れて「衆生済度の捷径(近道)は舞踊の面白さを知らしめた上に導くに如かず」と諭された。 それに対し彼の法印が「然らば教えて候らえ」と申し上げたところ、一人は座して歌い囃し、一人は立ちて舞い始めた。伝授し終わると二人の姿は虚空に消えて見えなくなった。 ・・・とあり、この踊りこそが念仏剣舞の始まり也。・・・(中略) 寛政3年(西暦1791年)渡辺甚四郎清時から南下幅の卯太郎が伝授されて以来、絶えることなく連綿と昔の原形を踊り引き継がれ伝承されている。
とりら募金
とりら岩手三陸沿岸の民俗芸能応援募金について →詳細はコチラ
とりら9
※クリックすると大きくなります
おススメ(o^-')b グッ!
郷土芸能の祭典2017
※クリックすると大きくなります
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: