子育て

先週「気仙地区芸能まつり」について書いたのですが
もしも興味をもたれた方がいたら是非読んでほしい!!

blogとりら をおススメします。


2013年の田束(たつがね)念仏剣舞(2013.11.25)
鹿と鉄砲(2013.11.28)
菅生田植踊と山屋田植踊を見比べる(2013.12.1)
高台に残った手踊り(2013.12.2)


※ちなみに私の過去記事は↓
・鹿踊り http://hachigoro.blog.fc2.com/blog-entry-1627.html
・剣舞 http://hachigoro.blog.fc2.com/blog-entry-1628.html
・その他 http://hachigoro.blog.fc2.com/blog-entry-1629.html


今まで好きな芸能をピンポイントで観に行っていたので
地元以外の芸能まつりは初めて!
色々な芸能を知る良い機会になりました。

その中で田植踊りが2団体あったのですが子ども達にビックリ!
就学前~低学年と思われる子、お遊戯ではなく踊りになってました。
凛とした表情に感心するばかり。
(・0・*)ホ,(゚0゚*)ホ--ッッ!!!


少し前に大畑平念仏剣舞さんの子どもを見て同じように感心しメンバーに話した時に
大人顔負けの振舞いの一因として「ジジババの熱心さ」が挙げられました。
それも納得ですが、「団体に子どもが沢山いる」というのもあるかな?
おじいちゃん、おばあちゃん、おじちゃん、おばちゃん…ではなく
年の近いおにいちゃん、おねえちゃんを倣う。
子ども同士も切磋琢磨。


ウチは子供に甘いw
通う環境づくりの段階かな。
「剣舞キライ」と言われたら元も子もないので。
それぞれの団体のやり方、考え方だと思うので良し悪しとか
正解不正解とかそんなのはないと思うんですよ。
そもそも愛嬌が売りなので大人顔負けは求めていないのです(o^―^o)


fujiwara10-14-2.jpg
十分上手です!


スポンサーサイト

テーマ : 伝統芸能
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

ご無沙汰です・・・

はちさんこんばんは!

はちさんはお疲れのようですが大丈夫でしょうか?

道産子の私は、炬燵の経験が殆ど無いので・・・
(北海道の冬は、室内でも半袖で過ごせるくらい暖房効かせてるので・・・(^^ゞ)

ポカポカと寝心地は良さそうですが、お体ご自愛下さいm(__)m

私はと言うと・・・相変わらず「三番庭」を見比べる毎日・・・

と言っても、三番庭だけを観ているだけではなくて、ついつい「南下幅」の他の演目や、「みち芸」の「鬼剣舞全演目」に見入ってしまいますが・・・(^^ゞ

師走に入り、仕事もそこそこ忙しいのですが、OFFは完全に「剣舞」三昧の日々です!

色々と気づいた事もあるのですが、それは次の機会に!

では(^^)/

Re: ご無沙汰です・・・

> 胴長おじさん

私は「疲れた顔をしてる」だけで、疲れてるわけじゃないので大丈夫です(^^)
布団に入る時間が30分違うだけで翌日の顔の重さが明らかに……!
でも止められません(/ _ ; )
気持ち良いんですよ。。。


> 道産子の私は、炬燵の経験が殆ど無いので・・・
> (北海道の冬は、室内でも半袖で過ごせるくらい暖房効かせてるので・・・(^^ゞ)

北海道の人に聞いたことがあります。
冬に東北の親戚の家に行ったら寒かった、とw


ここ二回ほど三番庭を練習しました。
三番庭は先生しか叩けないので、先生がいる時はやるようにしてます!!
かなり忘れていて怪しいんですがf^_^;)


数日は暖かい日でしたが、明日は久々に雪マーク!
東京も寒くなったと思います。
風邪だけでなく冬に流行る病気も多いので、お互い気をつけましょうね!
病気に負けないようにするには、油断と疲れは厳禁だな〜


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
スケジュール表
**出演予定**
★9月10日(日)午後
「いさわ郷土芸能まつり」
★10月15日(日)午後
「奥州市郷土芸能の祭典」

**未定の予定**
☆8月26日
☆9月8日
※未定だからって気を抜いちゃダメ!会員は心の準備をお願いします。

**練習日程**
月曜日 19~21時
【南都田地区センター】

公演依頼はメールフォームで!
会員随時募集中!!
カテゴリ
最新記事
最新コメント
QRコード
QRコード
プロフィール

はち

Author:はち
南下幅念仏剣舞保存会会員
跳人 8年生

登場人物
先生=第33代庭元
[囃子方]
笹村さん、館長、おかあさん、Nさん
[跳人]
リーダー(第34代庭元)、あんや(跳人最年長)、Mちゃん、親ガメさん、子ガメちゃん(休業中)、greenちゃん、Kさん、Tさん
[胴取り]
リーダー長女&次女
[子ども剣舞]
Kちゃん、Yちゃん、RSちゃん、RNちゃん、MちゃんNNちゃん
南下幅念仏剣舞由来
南下幅念仏剣舞は「巻物圓鏡第一巻」の伝えによると大同3年(西暦808年)出羽国羽黒山峰中で、権大僧都善行院の法印が荒沢鬼渡大明神の御堂に籠り念仏勧行をしている時、ある夜忽然と二人の老翁が現れて「衆生済度の捷径(近道)は舞踊の面白さを知らしめた上に導くに如かず」と諭された。 それに対し彼の法印が「然らば教えて候らえ」と申し上げたところ、一人は座して歌い囃し、一人は立ちて舞い始めた。伝授し終わると二人の姿は虚空に消えて見えなくなった。 ・・・とあり、この踊りこそが念仏剣舞の始まり也。・・・(中略) 寛政3年(西暦1791年)渡辺甚四郎清時から南下幅の卯太郎が伝授されて以来、絶えることなく連綿と昔の原形を踊り引き継がれ伝承されている。
とりら募金
とりら岩手三陸沿岸の民俗芸能応援募金について →詳細はコチラ
とりら9
※クリックすると大きくなります
おススメ(o^-')b グッ!
郷土芸能の祭典2017
※クリックすると大きくなります
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: