気仙郷土芸能’13★その他

|≡ヽ(`・ω・´)ノ ツヅキ

引き続き、気仙郷土芸能まつりの感想などです。
(鹿踊編はコチラ、剣舞編はコチラ

上手くまとめられずスミマセン(^-^;


田植踊
2団体でしたが、どちらも就学前と思われる小さな子がいました。
お遊戯ではなくちゃんとした舞になっているのがすごい♪


★菅生田植踊保存会(大船渡市)
菅生田植え1
真中のお兄さんの楽しそうな表情と歌が印象的でした。



★山屋田植踊保存会(紫波町・ゲスト)
山屋田植2


山屋田植太鼓
出だしは太鼓とひょっとこ(?)みたいな人との掛け合いで
「なんか聞き覚えがある?!」と思ったら神楽の狂言みたい?!
ひょっとこが目を剥いてる面が面白かったな~
舞手が九字をつけているとか、太鼓が地面を叩くとか…
私の知っている田植踊りとは全然違った感じでした。

山屋田植え1
最後に早乙女が大きな笠をブルンブルンと振るのが衝撃的☆
最後まで気付かなかったけど、着物を着た姿…
男性だったのね、早乙女…きれいな方達でした(*μ_μ)

写真がダメすぎ…
ネットで画像も沢山出てくるので、是非検索してみてください!!



1番大きな拍手をもらっていたのが翔南高校(北上市・ゲスト)でした。
一番庭~刀剣舞の狂い~膳舞~カニムクリ~八人加護を40名で。
躍動的すぎて全部ブレテます(-ω-;)
何を撮ったか?きっと私にしかわからない_| ̄|○


鬼剣舞を初めて見る人が多いようで、みなさん感動されてました!!
高校生らしい若さ溢れる舞に周りからゴニョゴニョと「アンコール」とか聞こえたし
駐車場までの帰り道でも話題になってました。


<一番庭>
気仙芸能-翔南一番2
真ん前で見た胴取りはセクシー過ぎました(*ノノ*)

気仙芸能-翔南一番1
ステージ狭しと鬼達が並びビックリしましたが、
讃剣舞から急に減り八人踊りの基本形に。
演目紹介に基本の踊りとして紹介されていたので
鬼剣舞に馴染みのない土地の時は…できれば?!
本来は八人踊りだけどアレンジしたことを添えてもらうと良かったかな~


<刀剣舞の狂い>
気仙芸能-翔南刀狂い3
跳躍がハンパない!

気仙芸能-翔南刀狂い2

気仙芸能-翔南刀狂い1
何が何だかわからない写真だと思うでしょ?
白面のヘンバイがすごかったのですw
席を移動したお陰で(?!)白面の真正面だったんです!


<カニムクリ>
気仙芸能-翔南ガニ2

気仙芸能-翔南ガニ1
お囃子にも大きな拍手が送られていました!


<八人加護>
気仙芸能-翔南八人2
女の子が2人(?)入ってたのにビックリ。

気仙芸能-翔南八人1


気仙芸能-翔南1
面をとるとあどけないお顔が!
(唯一ブレテいない写真でした)

終わってからビデオカメラを撤収に来た子にまで拍手ですよw
素晴らしかったです。
全然関係ないのになんだか誇らしい気分でしたw

※先日NHKの県内版で練習の様子が放送されていました。
あの練習や気持ちがあるからこその演舞、納得です。



※私の勝手な印象や感想、推測、イメージです。
語彙も少なく、拙い文章のため伝えきれないこともあり
関係者の方に失礼な表現があったり、
気分を害されることがあると思います。
私個人の備忘録(日記)であることをご理解いただくとともに
至らない点はご容赦くださいますようにお願いいたします。

スポンサーサイト

テーマ : 伝統芸能
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
スケジュール表
**出演予定**
★9月10日(日)午後
「いさわ郷土芸能まつり」
★10月15日(日)午後
「奥州市郷土芸能の祭典」

**未定の予定**
☆8月26日
☆9月8日
※未定だからって気を抜いちゃダメ!会員は心の準備をお願いします。

**練習日程**
月曜日 19~21時
【南都田地区センター】

公演依頼はメールフォームで!
会員随時募集中!!
カテゴリ
最新記事
最新コメント
QRコード
QRコード
プロフィール

はち

Author:はち
南下幅念仏剣舞保存会会員
跳人 8年生

登場人物
先生=第33代庭元
[囃子方]
笹村さん、館長、おかあさん、Nさん
[跳人]
リーダー(第34代庭元)、あんや(跳人最年長)、Mちゃん、親ガメさん、子ガメちゃん(休業中)、greenちゃん、Kさん、Tさん
[胴取り]
リーダー長女&次女
[子ども剣舞]
Kちゃん、Yちゃん、RSちゃん、RNちゃん、MちゃんNNちゃん
南下幅念仏剣舞由来
南下幅念仏剣舞は「巻物圓鏡第一巻」の伝えによると大同3年(西暦808年)出羽国羽黒山峰中で、権大僧都善行院の法印が荒沢鬼渡大明神の御堂に籠り念仏勧行をしている時、ある夜忽然と二人の老翁が現れて「衆生済度の捷径(近道)は舞踊の面白さを知らしめた上に導くに如かず」と諭された。 それに対し彼の法印が「然らば教えて候らえ」と申し上げたところ、一人は座して歌い囃し、一人は立ちて舞い始めた。伝授し終わると二人の姿は虚空に消えて見えなくなった。 ・・・とあり、この踊りこそが念仏剣舞の始まり也。・・・(中略) 寛政3年(西暦1791年)渡辺甚四郎清時から南下幅の卯太郎が伝授されて以来、絶えることなく連綿と昔の原形を踊り引き継がれ伝承されている。
とりら募金
とりら岩手三陸沿岸の民俗芸能応援募金について →詳細はコチラ
とりら9
※クリックすると大きくなります
おススメ(o^-')b グッ!
郷土芸能の祭典2017
※クリックすると大きくなります
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: