最後のお誕生会

先日の全人会まつり出演後、先生のお誕生会と上半期の反省会を兼ねた懇親会。




練習や公演でいつも顔を合わせるメンバーですが
ゆっくり話をする機会は少ないので良い語らいの場に!と思いきや?!
前半は稲刈りやイネの病気、健康の話。
あんやがぼそっと「あそごいで、こごいでって年寄りの話か」w

なかなか揃わないメンバーが揃ってる!
年寄りの話で終わるわけがありません。
イエ━━゚+。v(。・ω・。)v゚+。━━イ♪

宇宙人に聞いた顔を出さなくなった先輩に来てもらう方法を思い出し話を振ってみる。
先生とリーダー、一蹴。
外人の私達じゃなく地元の人が足を運んで頭を下げなきゃ無理そうな雰囲気。
=無理ということですな (。´・ω・)ショボーン


昭和30年頃に東北さなぶり大会で最優秀賞を受賞した時の話題に。
S30-11-16.jpg
↑最優秀賞記念で伊勢参りに行ったらしい。

あの時は集中して練習した。
お尻から血が出るほど、トイレでしゃがめないほどの練習をみんなが揃ってやった。
そこ悪い、ここがダメだとお互い指摘しあい
それが悔しくてナニクソ~と頑張ったからこその最優秀賞。
1人がずば抜けて良くたってダメなんだ。



練習がきついのが嫌なんじゃなくて、なんというか無理でしょ。
今と当時のメンバーを比べると、年齢・体型・経験……揃ってるでしょ。
今は女性半分だし。
私は出来ないと思うんですよ、盛年男子と女性が同じようには。
自分に壁を作ったり諦めるのは嫌いですが、
リーダーとY君のような狂いは踊れない、持って生まれた男女の能力差。

ココロオレタ il||li _| ̄|○ il||li


輪をかけるように先生が言いました。
「来年から誕生会なんてわざわざやらなくていいから」
お世話になってる先生への感謝の気持ちなのに。。。
(joj) ドボジテ...
気持ちは踊りで示せばいいんだな。できるのか(-。-;
数年続いた誕生会は今年で最後となりました。


打ちのめされた懇親会(x_x)キウ
試行錯誤はつづく。

スポンサーサイト

テーマ : 伝統芸能
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

そうとは限らないかも・・・

はちさんこんばんは!

いつになく弱気なはちさんですね・・・(-_-;)

>外人の私達じゃなく地元の人が足を運んで頭を下げなきゃ無理そうな雰囲気。
>=無理ということですな (。´・ω・)ショボーン

やってみなければわからないと思うのですが・・・その場の雰囲気がわからないので、はちさんの凹み具合からすると無理なんですかね?

黙っていたら今のまま!仮にお願いに行っても来てもらえないかも知れません・・・

多分、昔気質の頑固な方々(良い意味ですよ!)だと思うので、門前払いなのかも知れませんが・・・

でも、行ってみる価値はあると思いますよ?もしかしたら「外人」に任せておけないなんて事になるかも?

いつもながら・・・生意気すみませんm(__)m

私は外から勝手な事言ってるだけなので・・・(^^ゞ

Re: そうとは限らないかも・・・

> 胴長おじさん

弱気というかトゲトゲしてました( ̄^ ̄)
昨日の公演でお客さんやスタッフさんの温かさに触れ復活です♪

と言っても、できる事、できない事はあります、多分。
外人に任せてられない!!というのは理想だと思います。
もう少し みんなで話し合いながら、次の手を考えますよw
復活して3年、そう簡単に何もかも上手くいくはずないですね。
何でもかんでも簡単に進むより、ちょっとくらい大変な方がいいのかな〜
これも修行…?!と思うことにしますf^_^;)


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
スケジュール表
**出演予定**
★11月12日(日)13:00
「なつたふれあいまつり」

**未定の予定**
※未定だからって気を抜いちゃダメ!会員は心の準備をお願いします。

**練習日程**
月曜日 19~21時
【南都田地区センター】

公演依頼はメールフォームで!
会員随時募集中!!
カテゴリ
最新記事
最新コメント
QRコード
QRコード
プロフィール

はち

Author:はち
南下幅念仏剣舞保存会会員
跳人 8年生

登場人物
先生=第33代庭元
[囃子方]
笹村さん、館長、おかあさん、Nさん
[跳人]
リーダー(第34代庭元)、あんや(跳人最年長)、Mちゃん、親ガメさん、子ガメちゃん(休業中)、greenちゃん、Kさん、Tさん
[胴取り]
リーダー長女&次女
[子ども剣舞]
Kちゃん、Yちゃん、RSちゃん、RNちゃん、MちゃんNNちゃん
南下幅念仏剣舞由来
南下幅念仏剣舞は「巻物圓鏡第一巻」の伝えによると大同3年(西暦808年)出羽国羽黒山峰中で、権大僧都善行院の法印が荒沢鬼渡大明神の御堂に籠り念仏勧行をしている時、ある夜忽然と二人の老翁が現れて「衆生済度の捷径(近道)は舞踊の面白さを知らしめた上に導くに如かず」と諭された。 それに対し彼の法印が「然らば教えて候らえ」と申し上げたところ、一人は座して歌い囃し、一人は立ちて舞い始めた。伝授し終わると二人の姿は虚空に消えて見えなくなった。 ・・・とあり、この踊りこそが念仏剣舞の始まり也。・・・(中略) 寛政3年(西暦1791年)渡辺甚四郎清時から南下幅の卯太郎が伝授されて以来、絶えることなく連綿と昔の原形を踊り引き継がれ伝承されている。
とりら募金
とりら岩手三陸沿岸の民俗芸能応援募金について →詳細はコチラ
とりら9
※クリックすると大きくなります
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: