二刀流

今年からメンバーになったTさんは、神楽もやっていて
先日(9/10)の胆沢郷土芸能まつりでは剣舞と神楽の2演目に出演!

神話をあまり知らないので、南部神楽は苦手なのですが
知っている人が出るとなると興味が湧くもので楽しく観賞しました(^^♪

当日のパンフレットには「素戔嗚尊が熱田神宮へ群雲の剣を奉納する話」位だったので
お姫様が出てきた理由もわからず、下を向いて何かしてるな~と思ったら
おっかない面に代わってて、想定外の出来事に一人爆笑。

祭の追っかけさんのブログを見て、初めてストーリーがわかってきた感じです。
追っかけさん曰く「Tさんは荒舞の名手」

先日の練習では刀の使い方(持ち方)が違うとか、
同じ道具を使いながら所作を使い分け、型を使い分け
すごい人がメンバーに加わってくれたな~とつくづく思いましたヽ(≧∀≦)ノ

その時の動画がコチラ↓




スポンサーサイト

テーマ : 伝統芸能
ジャンル : 学問・文化・芸術

北上鬼剣舞の盆供養

8月16日は滑田鬼剣舞→岩崎鬼剣舞→鬼柳鬼剣舞の盆供養に行ってきました。


滑田鬼剣舞(13:00~/中通公民館)
2017滑志田盆供養


2017滑田盆供養 (1)


岩崎鬼剣舞(15:00~/泉徳寺)

2017岩崎盆供養 (3)

>2017岩崎盆供養 (2)

2017岩崎盆供養 (6)
池に浮かぶ蓮がきれいでした!!


鬼柳鬼剣舞(15:00~/白鳥神社)

2017鬼柳盆供養2

2017鬼柳盆供養


どの保存会も小雨が降ったり止んだりの中での盆供養でした。
根っこは同じだと思うのですが、滑田さんと鬼柳さんは
地域への感謝も込められており
多くの住民に見守られながらの供養でした。
岩崎さんはうまく表現できないけど、供養に重点を置き、観客はまばら。
だから息遣いも感じられる良い位置でじっくり観ることができました。
静寂の中で舞われるので、白面が指示を与える声まで聞こえて
あるある(* ´艸`) と思ったりして。
鬼柳さんは時間を間違えて16時過ぎに到着してしまい…( ;∀;)
客席で踊るチビッ子、未来の踊り手の姿は微笑ましかったです。

私達の盆供養は供養碑前で一演目だけでしたが、それはそれ。
それぞれのやり方で伝え、根付いていくんだな(((uдu*)ゥンゥン


テーマ : 伝統芸能
ジャンル : 学問・文化・芸術

果報は寝て待て

昨日(7/9)は鹿踊3団体交流会に参加してきました。
特別に声をかけていただき、ノコノコと出かけた訳です、ハイ(;^_^A

20170709交流会

当初は練習見学からの交流会を予定していたようですが
近所に不幸があり練習は自粛。
それぞれの団体の取り組み方などを話し合う座談会になりました!

主催の保存会会長さんが面白い方で、色々な話を伺い、
芸能は違えど民俗芸能という大きな括りでは一緒な訳で、
勉強になることも多かったです。

ささら切断機なるものが登場した時の、皆さんの輝き、
カシラのズレ解消方法、太鼓の購入先などなど鹿踊りアルアル
で盛り上がってました。
ナマで練習を見られないのはちょっと残念だな~と思ったのですが、
こういう機会ってなかなかないし、いいかも (o‘∀‘o)*:◦♪

胆沢の民俗芸能は(多分)協議会・連合会のような組織がなく
他の団体と交流の機会はゼロ。
控室であいさつ程度かな~(;´・ω・)
まずは剣舞の団体だけで交流してみて、
それぞれの課題や胆沢の民俗芸能全体の課題を持寄り
取り組むことで発展できるのでは?などと思いました。

さて、会長さんがおっしゃった一言。
何度も海外公演の話はあったが、実現したのは1回のみ。
予定通り!順調!ではなかったけど今はいい思い出。
長く続け諦めなかったからこその経験。
(みたいな……もっと簡潔で素敵なお話だったはず…)

中学生や若手が入会し、いい感じで活動をしているそう。
今やっていること、やり方は正しいのかわからないけど…
ともおっしゃってましたが、あきらめない・腐らないことが大事って
教えていただきました(*- -)(*_ _)ペコリ

テーマ : 伝統芸能
ジャンル : 学問・文化・芸術

鬼の館公演2017.5月

今日は久々に鬼の館に足をのばし鬼剣舞を鑑賞してきました!
本日の踊り組は鬼柳鬼剣舞
昨日予定していた運動会が今日に順延となり、子どもの出演者が2人だけとのこと。
そして…屋外公演かと思い、日焼け対策&汗対策を万全にしてましたが
芝の状態が良くないとのことで屋内公演となりました(´・_・`)

相変わらずちびっこファンの多いこと(*’U`*)
BGMのお囃子に合わせ、前座が始まりました(笑)
鬼の館20170528(4)
この子、最後のポーズまでキメて、拍手もらってました!


鬼の館次第20170528 (2)
※クリックすると大きくなります。


一人加護からスタートし、カッカタ&八人加護まで6演目・1時間強の公演。

鬼の館20170528(3)
一番庭(一軍、め組、少年団)

鬼の館20170528 (1)
カッカタ

鬼の館20170528(5)
八人加護(一軍)

軽い跳躍と大口を蹴る足さばき、本当に素晴らしかったです!
カッカタの扇子とてっぺんからつま先まで気持ちが行き届いた所作の美しさ。
気合の入った鬼の声、バラエティに富んだ演目。

練習量を比較するのは間違いだけど、私らがやってるのは練習じゃないかも…
座談会 ○| ̄|_
三番庭(狂い)とか八人加護とか、見ながらイメージしたけど忘れてたし…Σ(゚д゚|||)

とても刺激を受けた公演でした(o‘∀‘o)*:◦♪

今後の鬼の館公演はこちら↓
鬼の館次第20170528 (3)
※クリックすると大きくなります。


テーマ : 伝統芸能
ジャンル : 学問・文化・芸術

久々に狂言

2月9日に東京(四谷三丁目)の綜合藝術茶房 喫茶茶会記
狂言を観てきました!

♪2014年9月の鑑賞の様子はコチラ↓
http://hachigoro.blog.fc2.com/blog-entry-1794.html

♪2015年6月の鑑賞の様子はコチラ↓
http://hachigoro.blog.fc2.com/blog-entry-1925.html


路地裏プログラム20170209

間近で観る狂言。
ミゾレ混じりの夜なのに沢山のお客さん。
狭いスペースでの上演でした。

路地裏20170209

附子はおなじみの話で、以前にも狂言で観たことがあり
ストーリーがわかっているのに笑ってしまいました(^∇^)
若い二人が太郎冠者と次郎冠者を演じたのですが
年齢は同じ位だけど、経験年数が違うのがわかりました。
余裕の差というのでしょうか…(゚△゚;ノ)ノ
常に余裕のない私と重ねました。
若くして狂言の世界に飛び込んだキッカケなどを聞いてみたかったです。

もうひとつは二九十八
掛け算のようなタイトル。
ちょっと私には難しかったかな~(´・_・`)

狂言というか、芸能鑑賞が久々。
そして、この後は、坊主バーに立ち寄り、お勤め(般若心経)。

狂言の最後に笑い止めで声を出し、木魚に合わせて声を出し、
すっきりした気分に(*≧∪≦)
楽しい東京の夜を過ごしました!!

テーマ : 伝統芸能
ジャンル : 学問・文化・芸術

胆沢城あやめ祭り

ちょっとだけ、胆沢城のあやめ祭りに行ってきました。
舞台発表があり今日はこども剣舞、百姓踊り(水農高校)、鹿踊り(岩高)と若手が勢揃い。

あやめ祭り2016表

あやめ祭り2016

時間の関係で川西大念仏剣舞こども同好会を途中までみて終わり…( ノД`)

<演目>
入り剣舞、三人怒物、六人怒物

あやめまつり2016

あやめまつり2016 (2)

あやめまつり2016 (4)

あやめまつり2016 (5)

六人怒物は時間の都合で観られなかったのですが
急遽都合の悪い子がいて、三人怒物を跳ねた子が連続でやったらしいです…Σ(゚д゚|||)

剣舞好きな子ども達が集まって…と言う通り、本当に上手でした。
ワクワクですo(^▽^)o
新年度が始まって二ヵ月なので、まだまだです、みたいなことを言ってましたが
忠実な感じで、どうやったら子供があ~いう風に育つんだろう??
機会があれば子供を育成している団体の練習を覗いてみたいです!


ステージ脇では鹿の中の人達が待機。
見たかったな~
あやめまつり2016 (6)

テーマ : 伝統芸能
ジャンル : 学問・文化・芸術

胆沢郷土芸能まつり2015

11月29日は第49回 胆沢郷土芸能まつりでした。
来年が50回の節目の年!
と思ったら、今回で最後なのだそうです…(;д;)

自分達の出番の前に、他の団体の演舞を鑑賞。
最後という事もあってなのか、狼ヶ志田神楽と都鳥鹿踊は
省略せずに正式な舞を披露していました。

その様子を祭りの追っかけさんが丁寧にレポして下さっています!

南下幅のもモチロン!!
http://maturinookkake.blog.fc2.com/blog-entry-1456.html

いつもありがとうございます。

子どもは主に会長が指導しています。
私は感情に任せてワンポイントで(汗)
船頭が多く子どもが混乱する時も多いです…
言ったことをやってくれないし、何度言っても直らないとこもあるし…
(大人の鏡か…)
なかなか上手くいきませんが、本番に強い!
そんな子ども達を誉めて頂き光栄です(o‘∀‘o)*:◦♪
励みになると思います!!!


では動画で↓
混乱した様子から始まります(´;ω;`)





続きを読む

テーマ : 伝統芸能
ジャンル : 学問・文化・芸術

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
スケジュール表
**出演予定**
★11月12日(日)13:00
「なつたふれあいまつり」

**未定の予定**
※未定だからって気を抜いちゃダメ!会員は心の準備をお願いします。

**練習日程**
月曜日 19~21時
【南都田地区センター】

公演依頼はメールフォームで!
会員随時募集中!!
カテゴリ
最新記事
最新コメント
QRコード
QRコード
プロフィール

はち

Author:はち
南下幅念仏剣舞保存会会員
跳人 8年生

登場人物
先生=第33代庭元
[囃子方]
笹村さん、館長、おかあさん、Nさん
[跳人]
リーダー(第34代庭元)、あんや(跳人最年長)、Mちゃん、親ガメさん、子ガメちゃん(休業中)、greenちゃん、Kさん、Tさん
[胴取り]
リーダー長女&次女
[子ども剣舞]
Kちゃん、Yちゃん、RSちゃん、RNちゃん、MちゃんNNちゃん
南下幅念仏剣舞由来
南下幅念仏剣舞は「巻物圓鏡第一巻」の伝えによると大同3年(西暦808年)出羽国羽黒山峰中で、権大僧都善行院の法印が荒沢鬼渡大明神の御堂に籠り念仏勧行をしている時、ある夜忽然と二人の老翁が現れて「衆生済度の捷径(近道)は舞踊の面白さを知らしめた上に導くに如かず」と諭された。 それに対し彼の法印が「然らば教えて候らえ」と申し上げたところ、一人は座して歌い囃し、一人は立ちて舞い始めた。伝授し終わると二人の姿は虚空に消えて見えなくなった。 ・・・とあり、この踊りこそが念仏剣舞の始まり也。・・・(中略) 寛政3年(西暦1791年)渡辺甚四郎清時から南下幅の卯太郎が伝授されて以来、絶えることなく連綿と昔の原形を踊り引き継がれ伝承されている。
とりら募金
とりら岩手三陸沿岸の民俗芸能応援募金について →詳細はコチラ
とりら9
※クリックすると大きくなります
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: