奥州市郷土芸能の祭典2017

昨日(10/15)は奥州市郷土芸能の祭典に出演しました。

<演目>
寄せ太鼓、念仏、ゴヒャラグ、刀剣舞、納め太鼓
青…子亀ちゃん、白…Mちゃん

先生の太鼓&子亀ちゃんの出演、NNちゃんの胴取りが急遽決定しました。
子亀ちゃんは本来なら昨年の秋に休業のはずだったのですが
何度も人手不足のピンチを救ってもらいました!!
☆★:;+。゚*ヾ(感'∀'謝)ノ゙*゚。+:;★☆

先生は久々の太鼓。
控室でNNちゃんの胴取りをチェックしながら、息を切らしてました💦
唄いながら叩くのは若者でも大変……
「久しぶりに叩くから間違うかもしれない。
腕や肩がしびれて、力強さに欠けるかもしれない」

そんなことをおっしゃってましたが、楽しそうで、太鼓は相変わらずで素敵でした(´ω`人)

「手甲の紐、ぜんじめ、わらじ、ほどけるとみっともないからちゃんとしろ」
出番前の控室で喝!やっぱり先生は先生なのでした(笑)

2017郷土芸能の祭典 (2)

本番ではステージがつるつるで踏ん張れず、腰が落とせなかった…○| ̄|_
江刺のお客さんは、観るのが上手で、何度か拍手をいただきました。
(胴取りがはけた時、狂いで刀を置いた時、だったかな?)
そして、最後に全員が並んで挨拶をした時は、1番大きな拍手と
「いいぞ!!」 掛け声まで!

気持ち良いステージでした(o‘∀‘o)*:◦♪

郷土芸能の祭典2017

ステージ袖でNNちゃんが地元新聞社のインタビューを受けました。
(本日の一面にカラー掲載された!)
緊張したけど、上手くできたので良かった。
太鼓の響きが好きなので、これからも頑張りたい
 だって♬


伊藤流行山鹿踊りさんから飲み物の差し入れをいただきました!
急遽の演目変更で三人狂いを披露されました。
軽やかな動きが印象的。
20171015鹿踊り




出演後、粟野善知翁を偲ぶ収穫祭のため着替えずに移動。
演舞終了後、コメの品種当てクイズなど地域の皆さんと一緒に楽しみました!!

20171015収穫祭 (1)
20171015収穫祭 (2)

スポンサーサイト

テーマ : 伝統芸能
ジャンル : 学問・文化・芸術

アグリ笹森交流会

9月16日(土)はアグリ笹森の交流会で跳ねてきました!
都会から農作業体験ツアーに参加した方々に披露。

会場入りした時は、みなさん稲刈りを楽しんでいました🌾
20170916笹森

<演 目>
ゴヒャラグ、刀剣舞の狂い(笹村、K)、膳舞(私)

3日くらい前に急遽9/17から日程が変更になり
参加できない人が出てきたので、演目を変更。
刀の狂いの太鼓を私が担当、笹村さんも跳ねた直後に太鼓と
ハードな構成になりました。

太鼓は練習の時に遊び程度でやってるだけの私。
腕…もつかな??(-_-;)
演奏は強弱もなく単調で、間違えるし残念な感じでした…
そして不安的中(っω・`。)
利き手がピクピクで、お膳が…
(ただでさえ手汗疹で手がカサカサで滑るのに)

何度も落としたし、足が全然動かなかった…( ;∀;)
他の演目と動きが全然違うので、久々のうさぎ跳びっぽいステップで
3mくらい動いて、無理って思いました○| ̄|_

急な日程変更だったので、断ってもよかったのに
ちょっと無理しちゃったかな~と思ってましたが
みんな喜んでくれたみたいだったので
結果オーライ(o‘∀‘o)*:◦♪

みなさんが楽しんで、胆沢の思い出になったのなら
私達も満足ですo(^▽^)o


テーマ : 伝統芸能
ジャンル : 学問・文化・芸術

胆沢郷土芸能まつり2017

9月10日(日)は胆沢郷土芸能まつりでした。

<演 目>
念仏回向、一番庭(青…庭元、白…子ガメ)

久々に8人揃って演舞でした。
胴取りも付いたので、センヤ念仏で輪踊りに入ったり!!
NNちゃんはぶっつけ本番の輪踊り(胴取り)で
見たこともやったこともない所作に上手く対応してくれました。
これは、いつも面倒を見てくれてる中学生のRSちゃんの活躍が大きいです。
間違えそうになった時、ちゃんと合図して誘導してくれてました!!

久須志神社の例大祭ではテンポがかなり速かったので
逆にゆっくりでキツイ…と感じる場面も💦
出演時間に余裕を持って楽屋入りし、支度も済ませてたのですが
直前の確認を怠ってしまいました、輪踊りの輪の位置と大きさ ○| ̄|_
囃子方曰く、「歪んだりズレたりせず良い輪になってた」
きっと以心伝心だったのでしょう(〃▽〃)

新人のTさんも堂々と踊り切り、さらにトリでは神楽を舞いました。
(元々 神楽の舞手さん)
胆沢郷土芸能まつり2017
荒舞の名手とのこと(´ω`人)
カッコよかったです✧♡

祭りの追っかけさんがブログで紹介してくれました!
http://maturinookkake.blog.fc2.com/blog-entry-2115.html

動画までヾ(o´∀`o)ノ
いつもありがとうございます。




南下幅は時間が許す人は他の団体も観るようにしています。
今回は3番目だったので、トップバッターの市野々さんは
控室のジラジラするモニターで、都鳥さんは舞台袖で観賞。
南下幅の後の2団体は着替えで見ることが叶わず…
出店田植え踊りさんから客席でゆっくり観賞しました。

胆沢郷土芸能まつり2017

でもね、でもね…
16時を過ぎたころから客席を離れる人が増え始めました…(´・ω・`)
最後から2番目の新里さんは16時半前からスタート、
トリの狼ヶ志田神楽さんが終わったのは17:10頃だったと思います。
いつもいつも、最後の団体の時は、トップバッターと比べてお客さんが半減してます。
開催時期が3月とか11月だとその時間帯は暗くなっているので
明るいうちに家路につきたいのかな~と思っていたけど、
まだまだ日が長い9月……???

もちろん熱烈な郷土芸能ファンは残ってたので、それで良しだし
足を運んでくれた方が限られた時間の中で楽しんでくれたら嬉しい♪
でも、なんだか寂しい。

開催時期が問題でないとすると、最後まで見るには4時間は長いのかも?
午前開催ならいいのかも?
やっぱり、最後に餅まきをしたらいいのかも👍
餅まきは最強だから、それしかないか???

テーマ : 伝統芸能
ジャンル : 学問・文化・芸術

久須志神社例大祭2017

9月8日は久須志神社例大祭でした。
今年は夜の部はなく、輪投げと剣舞の奉納のみ。

久須志神社2017 (1)


<演 目>
二番庭(青…私、白…green)

新人Tさんデビュー(*`艸´)ウシシシ
久須志神社2017 (2)

人のことを見る余裕はありませんでしたが、
結構いい動きをしていたので、早速真似をしました(笑)
本人曰く 「いっぱい間違えた💦」

庭元が太鼓デビューでした。
途中から徐々にテンポが速くなり、讃剣舞でMAX!!!

アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

二番庭は乱舞とも言われ、讃剣舞は左右に激しく体を振るので
ついていけなくなってしまった…
そして、二番庭は1番短い演目なので あっという間に終わりました…
ある意味「新しい剣舞」(-"-;A ...アセアセ

輪投げ奉納をしたおじいちゃん、おばあちゃんが残って
剣舞を見てくれましたが、物足りなそうな感じでした(;^ω^)

庭元も「どんどん速くなって、戻そうと思ったんだけど…」と。
奉納後、用事があり先生の家に行って報告したら
「回数重ねれば大丈夫」とヽ(´∀`)ノ

天気に恵まれ、みんなに見守られ、気持ちの良い奉納でした。


胆沢まるごと案内所さんが取材に来てくれました!!

http://maru510.blog23.fc2.com/blog-entry-2180.html

テーマ : 伝統芸能
ジャンル : 学問・文化・芸術

世代ふれあいまつり'17

8月26日(土)は南都田世代ふれあいまつりで跳ねました。

<演目>
二番庭(青…私、白…Kさん)

広い校庭に跳人が5人。
しかもその内1人は子ども(NNちゃん、頑張りました!)

去年までは子どもと合同と言っても、最低2人はいたので
なんとな~く、こんなもんかな!という感じだったのですが、
今は跳ねる子供がNNちゃんだけになることもあり、
面をつけないのは1人だけだし、いいのかな~…と思ったりして。
でも、やってるうちに、これはこれでアリかなと。
舞台にもよるか??

そして、久々の青面(最後まで残る)。
センヤ念仏あたりまでは
「二番庭は短いから(10分くらい)、結構余裕かも!」
ってな感じだったのに、讃剣舞の途中から足が……
((;゚Д゚)ガクガクブルブル

最後は動かなくなった(´・ω・`)

今年は出番が少なめのせいか、本番に弱い ○| ̄|_


テーマ : 伝統芸能
ジャンル : 学問・文化・芸術

北上ふるさと芸能まつり2017

8月14日(月)は北上ふるさと芸能まつりで跳ねてきました。

ふるさと芸能まつり2017
※クリックすると大きくなります。


さくら野前広場と諏方神社の二公演の予定でしたが
雨のため、室内での一公演となりました。

<演 目>
・一番庭(青…greenちゃん、白…Kさん)
・八人くずし(子亀ちゃん)

20170815 (1)
横長の会場に合わせ、入込(隊列)を1・2・2・1にアレンジした
ショートバージョンの一番庭でした。
胴取りはいつも練習に来ている、RSちゃんとNNちゃん。
NNちゃん、胴取りデビュー(/・ω・)/ワーイ
間違えたらしいけど、立派だったとみんなが褒めてました。
(私は見る余裕なし…)

20170815 (2)
子亀ちゃんの八人くずしも堂々としていてよかったと思います!
急遽の会場変更にもかかわらず、沢山の人が詰めかけ
いつものことながら、北上のお客様は観るのとノセるのが上手で
パワーをいただきながら、跳ねることができました!
私たちはトップバッターだったので、開演前に団体や演目の説明などさせていただき有難かったです。

よく考えたら、全員が揃ったところでの打ち合わせをしなかったΣ(゚д゚lll)ガーン
案の定、練習でやらなかった(私が勘違いしてた?)、ゴヒャラグと演目の間の寄せ太鼓…
練習時、時間を計ったのは私。
寄せ、一番庭、八人くずし、納め…これで時間ギリギリ(゚△゚;ノ)ノ
時間オーバーになる!!!と、急遽、納め太鼓を中止にしようと、太鼓をたたいている笹村さんに近づく。
耳元で2回ほど「納めはなしで」と言ったところ、頷いてくれた!(ように見えた)

が……
八人くずしが終わったら、始まっちゃタヨ…納め太鼓 ○| ̄|_
頷いたのは気のせいで、笹村さんの聞こえない方の耳に話しかけてたらしい…

打ち合わせ大事


同じ胆沢区南都田の都鳥鹿踊りさん。
ラストに近いシーンで奮起させられました。
[広告] VPS

若い人の方がキレがあるから、狂いは若い人がやってね!
自分の体力や踊りに線を引いて、この公演の前に宣言しました。
もっと頑張ろう!あと5センチ頑張ろうと…宣言撤回だヽ(´∀`)ノ

無事(?)出演を終え、他団体の演舞を鑑賞し帰路につきました。


続きを読む

テーマ : 伝統芸能
ジャンル : 学問・文化・芸術

盆供養2017

8月14日(月)は盆供養を行いました。

初めに供養碑の前で念仏回向、二番庭(青…庭元、白…Mちゃん)を奉納。

20170814盆供養 (1)

20170814盆供養 (2)

あまりPRはしていませんでしたが、
たまたま通りかかった(?)近所の方が足を止めて下さいました。



その後、前庭元のお宅へ移動。
奥様の初盆ということで、仏壇の前で念仏回向。

20170814盆供養 (6)

庭で一番庭を跳ねました(青…庭元、白…Kさん)

先生(前庭元)のお宅は、私が剣舞を習い始めた頃に何度も何度も通いました。
この庭で、跳人だった奥様も練習を見守り、差し入れをいただきました。
「なんだがおかしいやな」等々、奥様の辛口なアドバイスも懐かしい思い出。

20170814盆供養 (4)

先生のご家族、ご親戚だけが見守る中、礼舞の一番庭を。
数年前の夏は反対方向を向いて焦ったり、笑ったりして
剣舞にはほど遠い動きだったけれど、何とか様になって
きちんと装束を着けて…
礼舞が始まると、ポツリポツリと落ちてきた雨。
庭にはいないけど、どこかで見ているんだな~と感じました。

20170814盆供養 (5)

先生が沢山のご馳走を用意していて、終了後 座敷へ。
回向の前後には(?)、ゴヒャラグを演奏すること、
座敷に上がったら、庭元、師匠、囃子方、胴取り、跳人の順で
年功序列で並ぶこと(これは道太鼓で囃す時の順序と同じかな?)。
まだまだ知らないことを、沢山教えていただきました。




あ、県内最古の供養碑に行ってない…💦
昨日、参拝してきましたが、いつも置いてあった花瓶(コーヒー瓶)がない…
お花がかわいそうだったけど、御幣の隣に立てかけてきました🌺

20170816供養碑


テーマ : 伝統芸能
ジャンル : 学問・文化・芸術

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
スケジュール表
**出演予定**
★11月12日(日)13:00
「なつたふれあいまつり」

**未定の予定**
※未定だからって気を抜いちゃダメ!会員は心の準備をお願いします。

**練習日程**
月曜日 19~21時
【南都田地区センター】

公演依頼はメールフォームで!
会員随時募集中!!
カテゴリ
最新記事
最新コメント
QRコード
QRコード
プロフィール

はち

Author:はち
南下幅念仏剣舞保存会会員
跳人 8年生

登場人物
先生=第33代庭元
[囃子方]
笹村さん、館長、おかあさん、Nさん
[跳人]
リーダー(第34代庭元)、あんや(跳人最年長)、Mちゃん、親ガメさん、子ガメちゃん(休業中)、greenちゃん、Kさん、Tさん
[胴取り]
リーダー長女&次女
[子ども剣舞]
Kちゃん、Yちゃん、RSちゃん、RNちゃん、MちゃんNNちゃん
南下幅念仏剣舞由来
南下幅念仏剣舞は「巻物圓鏡第一巻」の伝えによると大同3年(西暦808年)出羽国羽黒山峰中で、権大僧都善行院の法印が荒沢鬼渡大明神の御堂に籠り念仏勧行をしている時、ある夜忽然と二人の老翁が現れて「衆生済度の捷径(近道)は舞踊の面白さを知らしめた上に導くに如かず」と諭された。 それに対し彼の法印が「然らば教えて候らえ」と申し上げたところ、一人は座して歌い囃し、一人は立ちて舞い始めた。伝授し終わると二人の姿は虚空に消えて見えなくなった。 ・・・とあり、この踊りこそが念仏剣舞の始まり也。・・・(中略) 寛政3年(西暦1791年)渡辺甚四郎清時から南下幅の卯太郎が伝授されて以来、絶えることなく連綿と昔の原形を踊り引き継がれ伝承されている。
とりら募金
とりら岩手三陸沿岸の民俗芸能応援募金について →詳細はコチラ
とりら9
※クリックすると大きくなります
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: