初伝・中伝練習会2017-3

3月21日は日高火防祭の笛の練習日でした。
その前の週(3/14)は参加できず、
とりあえず、18日に先輩のお宅にお邪魔し、
チョットだけ稽古しましたが、練習不足…

19時空始まる練習会。
連休明けで仕事が終わらない…
行けそうかも!となったのは20時半…(´・_・`)
終わってるかもしれないから、止めようかと思った時に
「待ってますよ」の連絡が!!

大急ぎで駆けつけ、打ちばやし(三段だけ)とかんらんを練習しました。
会長が私に背を向けて、指を見せて下さったので
今まで間違っていたことに気付けました( ^ω^ )

私が行く前に、ほとんどの音曲を吹き終えたとのこと。
遅い時間の合流に、みんなが一緒に稽古してくれたことに感謝でした!!
スポンサーサイト

テーマ : 伝統芸能
ジャンル : 学問・文化・芸術

29年度 総会

昨日(3/20)は総会でした。

28年度の収支や活動報告を見て…
沢山の依頼が来たこと、それらに対応できたことに感謝o(^▽^)o

南下幅は昨年から頂戴した謝金や御花を年度末に配分しています。
必要経費を差し引いて、1回当たりの謝金と交通費を割り出し
参加した回数分、いただきます。(その年によって違います)
年会費、忘年会など何かあれば会費徴収されるので
懐が潤う訳ではないけど、みんな損得抜きで好きでやっていることなので
活動出来ているだけで幸せなのです(o‘∀‘o)*:◦♪

総会は開始時間が早かったので、20時前には終了。
体育館も予約してあるとのことで、ぼんやりと訳のわからない総会を聞いていた子ども達は
嬉々として練習に参加、大人は「総会」のつもりで参加したので、着替えも道具もなく…
解散したのでした|ω・`)

練習したい気満々の子ども達、29年度も期待してますよ!!!

テーマ : 伝統芸能
ジャンル : 学問・文化・芸術

胆沢郷土芸能まつりで思う

先週(3/12)に開催された胆沢郷土芸能まつり
久々に最後まで観たせいか色々考えさせられました。

トップバッターの都鳥鹿踊りは50分の演目(案山子踊)をノーカットで披露し、
なかなか観られない演目に観客はワクワクしたし、
演者もこの日があったからこそ励めたのだと思います。
胆沢郷土芸能2017鹿

入場無料で開催している「郷土芸能まつり」ですが
入場者数は少なく、出演する側として寂しい気持ちになったりします。
隔年開催とか、市が合併したのだから胆沢単独開催じゃなくとも…
人数だけに拘れば、そんな考えも当然かもしれませんが
こういう機会がなければ、正式なものをいつ披露できるんだろう?
継承されるのだろうか?と…やはり大事な大事なイベントなのです。

トリの狼ヶ志田神楽は中学生と若手の3人での舞、
あまり演じない「くずし」を披露したせいか
、数日前に南部神楽の解説書(?)が発刊されたと
地元新聞に大きく取り上げられたせいか、
熱心な愛好家が多く、例年に比べると多くのお客様が最後まで観賞してるようでした。
胆沢郷土芸能2017他団体 (神楽)


このほかに前谷地神楽が子どもだけの舞、
田植え踊りと念仏剣舞(4団体)が出演。
田植え踊りは何度か観たけど、よく分からず苦手でしたが、
意外に踊りがハードで面白かったので、
もう少し軽快にカッコよく踊ったらもっと目を惹くのかなぁ?
でもそれは崩す事になるかなぁ?
胆沢郷土芸能2017田植踊り

南部神楽も苦手でしたが、丁寧な解説があって楽しめました。
あらすじだけでは、そんなに興味のない人を惹くのは難しいのかなぁ?
剣舞にストーリーはないけどプログラムにもっと細かく所作の説明を載せたら、
観る人がもっと楽しめるかなぁ?
観客が減るのは面白みに欠けるから??
ステージ用に工夫も必要かなぁ?


ウチと新里は演題は違うけど実は同じ演目を披露しました。
明治時代に化粧坂と二庭ずつ演目を教えあい、
化粧坂→新里と流れた刀剣舞(四番庭)。
そういう解説が事前にあったらもっと楽しめたかもなぁ?
胆沢郷土芸能2017他団体 (新里) (2)

市野々と新里(若柳の団体)は陰陽(陽と月)が装束に取り入れられてて素敵だったし
ウチにはない色の面も興味津々でした。
若緑色??=緑=青って意味だろうか??

胆沢郷土芸能2017他団体 (市野々)

胆沢郷土芸能2017他団体 (新里)

とりあえず、プログラムを工夫したら見る側はもっと楽しめるかも??
やってみる価値はあるかもしれない(゚∀゚)

テーマ : 伝統芸能
ジャンル : 学問・文化・芸術

張り合い

昨日(3/13)は練習日でした。

<前半~こども~>
回向、刀剣舞(狂いの前まで)

回向の胴取り練習後、刀剣舞を1度通しました。
その後、区切って細かく指導。
3人が練習に参加しましたが、内2人は新年度から中学生。
子ども剣舞をどう持っていくか…大きな課題ができました…

<後半~大人~>
刀剣舞(狂いの前まで)

後半も刀剣舞を入込、センヤと讃剣舞、通して、
区切って進めました。
ついこの前まで、指のない手袋をあててましたが
手袋なしでも扇子が扱える暖かさになりました!!

今後の出演予定はゼロ。
前日に郷土芸能まつりを終え、これからの練習方法をどうしようか?
そう思ってましたが、2時間かけて刀剣舞をみっちり。

なぜ…????

見学者が来た~~~
キタ――♪ o(゚∀゚o) (o゚∀゚o) (o゚∀゚)o キタ――♪

何度か練習を見に来てくださったいた、若くてガタイの良い男性が
前半から練習に入り、体を動かしました!
胆沢劇場を通し、交流ができた方ですが
他の芸能団体に所属していて二足のわらじです。

仲間として一緒に活動して頂けたら一番嬉しいことですが
縁がなくてダメになったとしても、私達の練習に張り合いがでたことは
楽しく嬉しい出来事ですo(^▽^)o

でも
やっぱり

彼が庭元と狂いを跳ねたら

夢に見てしまいますね(汗)

テーマ : 伝統芸能
ジャンル : 学問・文化・芸術

胆沢郷土芸能まつり2017

昨日(3/12)は胆沢郷土芸能まつりでした。

胆沢郷土芸能まつりプログラム2017

「今日はとても揃っていて、太鼓を叩いていても気持ち良かった!」
出演終了後、先生から講評をいただきましたヽ(≧∀≦)ノ

<演目>
寄せ太鼓、念仏回向、刀剣舞(青…リーダー、白…Mちゃん)、納め太鼓

私達の前は大畑平さんでした。
おなご剣舞の団体ですが、今回の舞手は小中学生とのこと。
後から登場した新里さんもですが、小学生から面を着けてるのがすごいです!

子ども剣舞には子どもの良さ、南下幅は大人だけで披露でしたから
迫力のある舞を見せたい、子ども達に負けられない!と気合いだけは充分(^◇^;)

回向が始まり、舞台袖で面を着けて…
顎の手ぬぐいのズレに焦り、面を付け直し(そもそも采締め:鉢巻がズレてた)。
直前まで客席で観賞していて、ワッパか着けた帯は腰骨ではなく
ウエストでキュ〜っと締め付けられ、吐きそうな状態で舞台へ…
胆沢郷土芸能2017
※写真はくろまめ子さんからいただきました!
感謝(*⁰▿⁰*)

すぐにバテてしまいましたが、練習で上手くいかなかった抜刀に成功したので、プラマイゼロでしょうか?
終了後、お母さんに私の大口が短くておかしかった…と指摘されました(´・_・`)
イイとこナシ○| ̄|_

リーダー(庭元)からは、「もっと良いものを披露できるように練習頑張りましょう」と。
みんなで精進していきます!(๑•̀ㅂ•́)و✧

先生はリハーサルの時から、胆沢のよその団体にも寄せ太鼓があるはずだけど
聞いたことがないなぁ…と気にしていました。
北上鬼剣舞では必ずやるし、ウチも必ずやるようにしよう!
他の良いところは真似して取り入れよう!と。

そして、この後(私達の出番の後)、剣舞団体が二つでる、
せっかくだから、よそのも見た方が良い。と。
メンバーのほとんどが最後まで観賞しました。

ここが先生のすごくて素晴らしいとこなんだよなぁ!
惚れ直しました(((uдu*)ゥンゥン
急遽、跳人が足りなくなり、先生を引っ張り出して太鼓を叩いていただきました。
ご本人は引退したつもりのようですが、先生から教わることは
まだまだ沢山ありますので、引退はまだまだ先ですよ(*'ω'*)



テーマ : 伝統芸能
ジャンル : 学問・文化・芸術

郷土芸能まつり2017~リハ~

昨日(3/10)は3/12に開催される
いさわ郷土芸能まつり
リハーサルでした。

当日の私達の出番は3番目で14:25頃だそうです。
トップバッターの都鳥鹿踊りさんは「案山子踊」
省略せず50分間披露するそうです!!!

時間より少し前に到着すると他の団体さんがリハ中。
多分…市野々さんだと思うのですが、
中学生?体操着を着た子どもが沢山いて、
跳人も若い人がいっぱいいて、女性もいて!!
羨ましい限りです(。>ω<。)

まぁまぁ揃ったところで1回通し。

シンドイΣ(ω |||)
2月はほとんど体を動かしてないので
足に来るし、ゼイゼイだし……

20170310.jpg

20170311-2.jpg

少し休憩して2回目。
体がほぐれたので、楽になるかな?と思ったのですが……
足に来るし、ゼイゼイ……(´・_・`)

報告事項など少し休憩して3回目。
足に来るし、ゼイゼイ……○| ̄|_
汗だくになっては、引いて冷えての繰り返しでした。

リーダーが早念仏の腰のおろし方もスゴイな~と思ってましたが
最後の最後での足のあげ方がハンパなく、
こうやるんだよ~と背中で語ってるようでした。
頑張らねば シャキ━━ヾ(`・ω・´)ノ━━ン

テーマ : 伝統芸能
ジャンル : 学問・文化・芸術

広報おうしゅう2017.3月号

今月号の広報誌に、先月上演された胆沢劇場が載ってます!

20170309194637362.jpg

役者さんの舞の方がカッコいい…

重いですが、こちらから見られます👇
http://www.city.oshu.iwate.jp/download.rbz?cmd=50&cd=7144&tg=12&inline=1

テーマ : 伝統芸能
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

はち

Author:はち
南下幅念仏剣舞保存会会員
跳人 7年生

登場人物
先生=第33代庭元
[囃子方]
笹村さん、館長、おかあさん、Nさん
[跳人]
リーダー(第34代庭元)、あんや(跳人最年長)、Mちゃん、親ガメさん、子ガメちゃん、greenちゃん、Kさん
[胴取り]
リーダー長女&次女
[子ども剣舞]
Kちゃん、Yちゃん、RSちゃん、RNちゃん、Mちゃん、
NNちゃん

南下幅念仏剣舞由来
南下幅念仏剣舞は「巻物圓鏡第一巻」の伝えによると大同3年(西暦808年)出羽国羽黒山峰中で、権大僧都善行院の法印が荒沢鬼渡大明神の御堂に籠り念仏勧行をしている時、ある夜忽然と二人の老翁が現れて「衆生済度の捷径(近道)は舞踊の面白さを知らしめた上に導くに如かず」と諭された。 それに対し彼の法印が「然らば教えて候らえ」と申し上げたところ、一人は座して歌い囃し、一人は立ちて舞い始めた。伝授し終わると二人の姿は虚空に消えて見えなくなった。 ・・・とあり、この踊りこそが念仏剣舞の始まり也。・・・(中略) 寛政3年(西暦1791年)渡辺甚四郎清時から南下幅の卯太郎が伝授されて以来、絶えることなく連綿と昔の原形を踊り引き継がれ伝承されている。
とりら募金
とりら岩手三陸沿岸の民俗芸能応援募金について →詳細はコチラ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: